不動産投資で稼ぐために資格は本当に役立つのか?10種類の資格を分析!

不動産に関しては様々な資格があるため、不動産投資にも「何か資格が必要なのでは?」と考える方がいらっしゃると思います。また、資格を持っていないと、不動産投資で稼ぐことができないのでは?という疑問もあるでしょう。

そこで、この記事では、

不動産投資に資格は本当に必要なのか?

不動産投資が有利になるおすすめの資格10種類

10種類の資格がそれぞれどんな点で不動産投資に役立つか?

についてご紹介します。

その上で、資格の勉強だけではカバーできない、不動産投資に必要となる知識などについて解説したいと思います。

この記事を読み終わる頃には、不動産投資と資格の関係性についての知識を深め、不動産投資をする上での本当に大切なポイントが分かるでしょう。

1.不動産投資と資格の関係

不動産投資と資格

まずは、不動産投資と資格の関係性について考えてみたいと思います。

1-1.不動産投資に必要な資格はあるか?

まずは「不動産投資に必要な資格はあるか?」という問題です。

この問題、結論から言うならば「必要な資格は無い」といえます。 不動産投資をするためには資格は必要無く、しかも法律で資格について決まっている訳ではありません。つまり、資格を取らなきゃいけないと頭を悩ます必要は一切ありません。

そのため、資格の勉強をするよりも、実践的な情報を集め、知識を蓄える方に時間を割くべきです。

確かに、資格の勉強には不動産投資と重なる部分もありますが、直接関係無い部分も多く含まれがちです。そして、物件を見たり、現地を調べたりするほうがより利益に直結しますので、関係無い部分に時間を掛けることは避けるべきと言えます。

1-2.不動産に関する資格を取得するメリット

前述の様に、不動産投資に資格の勉強は必要ありません。

しかし、資格の勉強が全然必要がないわけではなく、不動産投資に重なる勉強に関しては行うべきです。例えば不動産投資には「不動産取引」「不動産管理」「売却」「ローン対策」などの分野が関係しており、それぞれに専門の資格があります。そして、資格で勉強する部分は不動産投資を行う上でも大きな武器として使えます。

しかし、資格取得を考えるならば費用対効果を考えておくべきで、効果が上がらず費用や時間ばかり掛かる勉強であるならば、投資家としては特に続ける必要は少ないと言うことができます。

1-3.不動産投資に役立つおすすめの資格

ここまで不動産投資には資格は必要ないと述べてきましたが、これからご紹介する資格は、不動産投資をして賃貸経営をする上で役に立つおすすめの資格です。

必ずしも資格の勉強をする必要はありませんが、知識を深めることでオーナーとして成功する際の武器になります。

宅地建物取引士

宅地建物取引士(宅建士)は建物や土地などを取引する専門家で、国家資格となります。宅建士は「不動産の専門家」として、不動産業者などで必要となる「重要事項の説明」を行います。

不動産取得の際には最も念入りに確認しなければならない項目が少なくありません。重要事項説明が出来るということは、不動産の各項目に関する理解していることになるので、物件の良し悪しが自分自身で分かるようになります。また、物件に隠れている瑕疵の可能性なども考えることができ、注意する物件などが分かるようになります。

このようなことから、不動産投資に関連しますので、宅地建物取引士(宅建士)の勉強は有益なものと考えることができます。

不動産鑑定士

不動産鑑定士は、不動産の利用価値や経済的な価値が鑑定出来る資格で、国家資格となります。

不動産鑑定士の勉強することで、土地や建物を「経済的価値」から見定めるための知識が深まります。 また、売り主から適正を超える価格を提示された場合でも、「どのように価格交渉できるか?」などについて判断することが出来る様になります。

マンション管理士

マンション管理士は、マンションに関係するトラブルを法律などの観点から解決したり、運営の健全性を保つための方法をオーナーに提案したり出来る資格です。

この資格の勉強のメリットは、マンションの運営についての知識が増えることです。マンションは、区分所有法を始めとする法律を元に、入居者の生活をより良くすることが必要です。そのため、マンション管理士の知識をうまく活用し、入居者の生活を快適にすることで、空室リスクの低減に役立てることができます。

ファイナンシャルプランナー

フィナンシャルプランナーは、「お金のプロ」と言えます。具体的な仕事としては、相談者の経済的背景を分析し、その人にあった資産の運用などを提案します。

不動産投資に関係する費用は、銀行融資をはじめ、火災保険や税金など多岐に及びます。 ファイナンシャルプランナーの勉強をすることで、費用に関する制度や、商品などの理解が深まり、火災保険や銀行融資の選択、あるいは発生する税金を予測することに役立てることができます。

ホームインスペクター

ホームインスペクターの仕事は、第三者の中立的な立場から建物の状況を見て、住宅の劣化やメンテナンスの必要性などを判断することです。

建物を見る際、普通の人なら隠れた部分の劣化状況などは見落としがちです。 ホームインスペクターの診断は、通常だとわかりにくい天井裏や床下の知識が必要です。 ですから、資格の勉強をすることで、隠れた部分の不具合を発見し、場合によっては対応を取れるようになります。

例えば、中古のアパートの購入を考えている場合、修繕が必要になる箇所をあらかじめ確認し、修繕にかかる費用を予測することで、より正確な利回りを計算できるようになります。

簿記

簿記は資産管理に関する件を記録する資格で、財務管理に役立つ資格です。この勉強のメリットは、費用管理に強くなる点です。

簿記の勉強をすることで、不動産投資にとって重要なキャッシュフロー計算に役立てることができます また費用管理の知識は、銀行に経営状況の報告をする際にも役立ちます。

管理業務主任者

管理業務主任者は、不動産管理会社と管理組合の間に立つ資格で、国家資格となっています。

不動産管理会社は物件管理を請負ますが、管理組合などに対して、重要事項の説明や管理事務の報告などをする際にこの資格が必要になります。

この資格が不動産投資にどう役立つでしょうか?

それは、不動産管理会社から説明を受ける場合に役立ちます。例えば、不動産管理会社はリフォームの提案なども行いますが、その折衝などに役立てることができます。

不動産実務者検定

不動産実務者検定は、一般財団法人日本不動産コミュニティーの認定する民間資格です。

民間資格と聞くとマイナーに聞こえてしまうかも知れませんが、この資格は大家としての実戦的なノウハウを勉強して取れる資格のため、物件を運営して行く上で有用な知識を得ることが出来ます。

司法書士

司法書士は国家資格ですが、不動産においては土地や建物の登記、あるいはローンの抵当権に関係する登記などを請け負います。

司法書士は法律に関係するため、不動産投資をする上で有利な資格と言えます。ただ、不動産と関係する部分は限られるので、その辺のバランスを考えて学習する必要があるでしょう。

土地家屋調査士

土地家屋建物士は、土地や建物の測量、また登記に関する仕事を行います。

この資格は、不動産の取得の際には確かに有用です。しかし、物件取得、入居者募集、空室リスク回避、売却といった、不動産投資全体の流れの中でカバー出来るのはごく一部です。ですから、この資格もバランスを考えて勉強する必要があります。

どれが一番オススメの資格か?

資格についていくつか取り上げましたが、「結局、どれが一番オススメか?」という疑問をお持ちかも知れません。

不動産投資では、物件を運営することも大切です。しかし、利回りが良く、安定した経営ができる物件がまず必要なので、良い物件を探して購入することが最も重要になります。 良う物件を購入するためには、不動産の知識と、売買の知識が非常に大切になります。

こうした点を考えますと、不動産取引の実務に最も関与する「宅建士」が一番オススメな資格と言えるでしょう。

2.不動産投資には知識を増やす勉強が必要

不動産投資には知識を増やす勉強が必要

ここで、「不動産投資に必要なものは何か?」について再考してみましょう。

不動産投資には、良い物件を見つけることや、費用面で有利に話を進めること、更に客付けのために広告を出すなどの宣伝活動も必要になってきます。 持っていれば武器になる資格があるのも事実ですが、不動産投資に「何らかの資格が必須」ということはありません。

ただ、不動産投資をする上で勉強して、知識を増やすことは必要です。そこで、効率良く勉強する上で役立つ勉強法や本を紹介します。

関連記事

不動産投資に興味を持ち、これから勉強を始めようと思ったものの、以下の点について悩まれることがあると思います。 投資を始める上で、何をどのような順番で勉強すれば良いのか分からない。 本、教材、ブログ、セミナーなどたくさんあって、ど[…]

これだけでOK!初心者を最短で卒業する不動産投資3ステップ勉強法
関連記事

不動産投資を勉強する上で、大抵は本を読んで知識を身に着けます。私も投資の勉強は、まず本を読むことから始めました。 しかしながら、数ある不動産投資の本の中で、「どれを読んだら良いのか分からない」方も少なくありません。実際、私も「お勧めの本は[…]

現役不動産投資家が厳選!不動産投資で不可欠な4ジャンルの必読本
関連記事

この記事を読んでいる人は、不動産投資に興味があり、不動産投資の勉強をしようとしている人、または、不動産投資を既に始めているが「自分の運用方法で成功するのか」「このまま運用していて利益が出るのか」などの不安を感じていらっしゃる人なのではないで[…]

3.必要なのは資格取得のための勉強ではなく、「稼ぐ」ための知識と経験

必要なのは資格取得のための勉強ではなく、「稼ぐ」ための知識と経験

不動産投資で必要なのは、「不動産投資で稼ぐための知識」です。

いくら資格をとっても投資の観点からすれば、稼げなければ意味がありません。 ですから、仮に資格の勉強をする場合も、「資格は二次的なもの」であることを忘れないでおきましょう。

そこでこの章では、資格の勉強では学べない、「不動産投資で稼ぐ」ために押さえるべき3つのポイントを紹介します。

3-1.物件購入戦略

物件購入は、不動産投資の中で最も重要な位置にあります。とはいえ、物件のチェックなどをしていればわかりますが、リスクがまったくないなどの「理想的な物件」が出てくることはまずありません。 では、物件購入に際し、どの様な戦略を取れば良いのでしょうか?

1つの案としては、物件のリスクを敢えて取り、そのリスクを解決していく方法です。物件には必ずメリットもあれば、デメリットもあります。しかし、そのデメリットをうまく解決することができれば、良い物件となります。

こうした戦略を推し進める上で、「正しい知識」を持つことが重要です。間違った知識を持ってしまうと、重大なダメージを受けるリスクが高まるので「正しい知識」を身につけることがポイントです。

「正しい知識」を得るためには、師匠(メンター)の存在も非常に大切です。もちろん、投資そのものは自己責任ですが、メンターは客観的な立場から、あなたが取るべき戦略をアドバイスしてくれます。そのような信頼できるメンターを見つけることも、正しい戦略を実行する上で重要です。

関連記事

昨今、家賃収入を得るための「収益物件」の購入する方が増えています。しかし一方で、計算上はキャッシュフローが出るはずなのに、実際には税金や修繕などで赤字になる、空室がなかなか埋まらずに収益化できないなど、「こんなハズじゃなかった・・・」と頭を[…]

案外難しくない「収益物件」の満室経営&黒字化の7つのポイント
関連記事

不動産投資を始めようと思っている方、また初心者の方なら誰もが不動産投資を成功させたいと思っているでしょう。 家賃収入を増やして安定した収入を得るためには、物件の探し方が最も重要なポイントです。しかし、サイトを見ても物件は数が多く、どう[…]

儲かる収益物件はこう探す!公開情報で物件を探し出す3つのポイント

3-2.融資戦略

不動産投資を進める上で、融資戦略も重要になります。

融資は単なる知識だけでなく、銀行を納得させる「強い要素」も必要になります。 主に3つの要素があります。

  • 第一は、「融資をしてもらいたいと考えている人がどういう人間であるか?」です。銀行も融資を出すことにはリスクが伴います。「将来的に融資したお金が回収出来ない」と判断すれば融資はしません。その判断をする上で、勤め先や勤続年数など、その人がどういう人かを見ます。
  • 第二は、「物件の担保力」です。 購入する物件には、銀行の抵当権が付きます。物件の担保力の有無によって融資の条件も大きく変わってくるので、銀行によっては担保力の高い物件を選ぶことも重要な要素になってきます。
  • 第三は、「事業の評価」です。家賃収入を得るための不動産投資は、言い換えれば「不動産賃貸業」といえます。銀行は不動産賃貸業の実績を評価するようになります。当然ながら、実績によって融資の条件も変わってきます。ですから、しっかりと利益をだして納税する(節税しすぎない)など、銀行を納得させるだけの実績を積み上げていく必要があります。
関連記事

アパートローンは不動産投資をする上で、避けて通れない重要な知識の1つです。特に不動産投資を始めるにあたっては「ローンを組む」という壁に当たる人も少なくないはずです。 「アパートローン」について知りたいのは不動産投資の規模を拡大したい人、も[…]

『アパートローン』を有効活用!最大限に融資を引きだすポイントとは

3-3.満室経営戦略

不動産投資において、最も危険なリスクの一つは「空室リスク」です。なぜなら、空室が出れば、次の入居者が決まるまで家賃収入は1円も得られないからです。 そこで、なるべく空室期間を短くするための戦略が重要になります。この戦略には、不動産管理会社の選定や、付き合い方が大きな要素となります。

不動産管理会社の業務は、家賃の集金だけではありません。物件のメンテナンスやリフォームの提案なども行います。古い物件であっても、見た目がきれいで、ちゃんと管理されている物件の方が、入居者も集まりやすくなります。

そのためには、提案力の高い管理会社を選ぶことに加え、管理会社が進んで提案してくれる付き合い方(環境作り)も大事になります。こうした点も、勉強で得た知識ではなかなかカバーできない分野になるでしょう。

4.まとめ

  • 1.不動産投資に必要な資格はありません。資格の勉強よりも実践の方が大切な場合が多いです。ただし、資格の勉強が知識をみにつける上で役立つ場合もあります。
  • 2.不動産投資には、知識は欠かせません。そのためにも、有用で参考になる書籍などを読んで、効率的に勉強する必要があります。
  • 3.不動産投資において「勉強」は資格取得のためではなく、あくまでも「稼ぐため」に行うべきです。

不動産投資における「資格」に対する考え方が分かったと思います。資格の勉強はあくまでも二次的なものであることを忘れない様にし、「不動産投資で稼ぐための知識」を蓄えて行きましょう。

>再建築不可物件の建築可能化プログラム

再建築不可物件の建築可能化プログラム

「再建築不可物件」を使った不動産投資は、誰にでもできる簡単な方法でありません。 しかも、「投資」ですから、リスクはそれなりにあります。 それでも、リスクよりもメリットの方が大きいとも言えます。 その理由と、私たちの具体的なサポート内容などをセミナーでご説明いたします。 また、質疑応答の時間も用意しておりますので、ご不明な点はどうぞ遠慮なくお尋ねください。

CTR IMG