第1回:サラリーマン大家から事業化すると不動産投資がこんなに変わる!

こんにちは。藤山大二郎です。

【無料講座】

昨日はこのメール講座の、 全体のステップについてお伝えしましたが、 いよいよ本日から 具体的なステップをスタートいたします。

今日は、

サラリーマン大家から事業化すると不動産投資がこんなに変わる!

というテーマで 不動産投資や家賃収入を 長期、継続的に大きくしていくことを願っている方に対して、 事業化するメリットや気をつける点をお伝えします。


■多くのサラリーマン大家が陥る問題とは・・・  〜不動産投資が頭打ちになる。〜

不動産投資を始める方にとって、 「家賃収入だけで生活できる状態になる!」というのは、 一つの理想的な願いかもしれません。

「毎月100万円以上のキャッシュフローを得たい!」 といった目標を持つ方も 多いのではないでしょうか?

「不動産家賃の収入があれば、 不安を抱くことなく、好きな趣味、好きな仕事に没頭できるんじゃないか?」 「安定的に収益が入ってきて、毎日仕事に追われることもない!」そのように感じて 不動産投資に魅力を感じたかもしれません。

実際、私も 「不動産での安定した家賃収入があれば、好きな事業に取り組める!」と考えて興味を持ったのです。

このように、

なんとなくの目標を立て、 なんとなく購入できる物件を買っていく人が多いのですが、 そのやり方だと必ずどこかで頭打ちになります。

その結果、 途中から買い進めることができなくなって、最終的な目標に届かなくなってしまうという状態に陥ってしまいます。

私はセミナー等でも 目標設定と投資スタンスを 明確にすることを、口を酸っぱくお伝えしています。

最短距離で進めるかどうかが ここで決まる言えるからです。

  • 「思うように買い進められない」
  • 「頭打ちになってどうしたらいいかわからない」

このような悩みを 抱えた人からの相談を日々お受けしていますが、 そうした悩みを 抱える人の多くが、 目標設定と投資スタンスが明確ではありません

闇雲に買える物件を買ってしまう人は、 どこかで頭打ちになり、 それ以上前に進めなくなってしまいます。

不動産投資は 大きなお金を動かすわけですから、 「失敗したらやりなおしたらいい」 とはいきません。

だからこそ、 ゴールから逆算して目標を設定、 最短ルートでの道筋を 明確にしておくことが大切なんです。

すごく重要なことなので、 しっかりと頭に入れておいて下さいね。


■家賃収入で生活できるレベルになるには、規模拡大が必要!

「家賃収入だけで生活できるようになりたい!」という願いは、言い換えれば 「毎月、100万円以上のキャッシュフローを得たい!」 とも言えるかもしれません。

家賃収入で生活できるレベルになるには、 ある程度の規模が必要になります。

仮に年間1000万円のキャッシュフローを得るためには、ざっくり計算しても3000万円ほどの家賃収入が必要です。

利回りが10%として考えてみても、 3000万円の家賃収入のためには、 合わせて3億円分くらい物件を最低でも購入しなければなりません

ところが、大きな問題が生じます。 不動産投資を始めた段階では、 アパートローンによる 銀行融資を活用しているでしょう。

アパートローンは 融資を受けやすいというメリットがあるものの、 年収によって 融資限度額が制限されてしまうため、投資がストップしてしまう事が多いのです。

そうなると、 アパートローンだけでは 目標家賃収入に到達できないというケースが少なくありません。


■高い目標家賃収入を目指す方には、事業性融資(プロパーローン)が重要

「不動産投資を拡大していきたい!」 そのように考えている方には、 アパートローンだけでは、 限界が来て、頭打ちになってしまいます。

そのような方には、 事業性融資(プロパーローン)を 効果的に活用できるかどうかが成否を分けるとも言えます。

個人の不動産投資への融資ではなく、 不動産賃貸業という「事業」に対して融資を行うという形です。

事業性融資(プロパーローン)の 最大のメリットは 「融資の金額が青天井である」という点です。

融資枠が年収の10倍〜20倍という 限界があるアパートローンと異なり、 事業に対する融資なので、 事業内容が優れている場合、 基本的には融資額に限界はありません

不動産投資の規模を 拡大していくうえで、 事業性融資は、 避けては通れない道とも言えるでしょう。


■事業化が必要と気付いてからからでは遅い!

ここまでの話を聞いて、

  • 「自分の場合は、今すぐには関係ないかな。」
  • 「規模を拡大した時に取り組めばいいや!」

と感じた方もおられるかもしれません。

ところが、その考えは間違いです。

なぜなら、事業性融資は、 「今から事業性融資を受けたい!」 と思ってすぐに引けるものではないからです。

ですから、これから不動産投資を始める人であっても、 事業性融資について 知っておくべきですし、 既に不動産投資を 始めている方であれば、 準備を始めている必要があります。

このメール講座では、 融資を拡大して不動産投資、 家賃収入の規模を大きくするための 融資戦略をステップ・バイ・ステップお伝えしていきます。

是非とも知っておいて頂く必要のある 基礎知識も含めて お伝えしていきます。

 

次回は、まずステップ0として、 銀行の評価基準を知るという点をお伝えします。

融資戦略を考えるうえで、 基礎知識として 「銀行がどのように評価するのか?」 を知っておく必要があります。 多くの方も気になるであろう、 「銀行は何を見ているのか?」 についてお伝えします。

次回も楽しみにお待ちください!

では。


融資が厳しい時代でも投資活動を拡大する為の方法として、再建築不可物件を建築可能にするプログラムのセミナーも随時開催中!

メルマガ告知から1時間で70名の枠が完売、

セミナー総動員数約10,000人を超える弊社の人気No1セミナー「再建築不可物件の再建築実現プログラム」。

ご興味のある方は、セミナーにご参加ください!

 

>再建築不可物件の建築可能化プログラム

再建築不可物件の建築可能化プログラム

「再建築不可物件」を使った不動産投資は、誰にでもできる簡単な方法でありません。 しかも、「投資」ですから、リスクはそれなりにあります。 それでも、リスクよりもメリットの方が大きいとも言えます。 その理由と、私たちの具体的なサポート内容などをセミナーでご説明いたします。 また、質疑応答の時間も用意しておりますので、ご不明な点はどうぞ遠慮なくお尋ねください。

CTR IMG