保険

【事例あり】アパート経営で火災保険を活用!損しない6つのポイント

【事例あり】アパート経営で火災保険を活用!損しない6つのポイント

不動産投資を行う上で「火災保険」の知識はとても重要です。なぜなら所有する物件ごとに火災保険の契約を行うことになり、不動産投資と火災保険は切っても切れない関係にあるからです。「火災保険の知識があるかどうか」は、手元に残るお金を大きく左右することがあります。

しかし、多くの火災保険について詳しい知識を持つ不動産投資家は多くありません。不動産会社や銀行から紹介される代理店に任せっきりなのが一般的です。その理由は「保険はどこに頼んでも同じ」「保険は任せておけば大丈夫」という思い込みがあるからです。

冒頭でもお話しましたが、火災保険の知識があるかどうかは、場合によっては数十万円、数百万円単位のお金の差を生むことがあります。知識がない人は損をして、知識を持つ人は得をするという事です。なぜなら、火災保険はうまく活用することで物件の資産価値を高めることが出来るからです。しかし、多くの不動産投資家はこのような活用法を知りません。

そこでこの記事では、

  • 火災保険の基礎知識
  • アパートのリスクを火災保険でカバーする方法
  • 実際のトラブル事例

など火災保険の基礎知識を解説していきます。また、どうすれば「火災保険を上手く活用できるのか」、不動産投資家として火災保険を積極的に活用していくための具体的な方法についても解説いたします。

私は現在不動産投資家として10棟のアパートを所有し、不動産投資を始める方のアドバイスなどもさせて頂いています。この記事では不動産投資のプロの視点から、火災保険の基礎知識、多くの不動産投資家が知らない火災保険の積極的な活用法をお伝えします。

最後までお読み頂くことで、火災保険基礎知識と、有効的な活用方を身に付け頂くことが出来ます。

続きを読む

不動産投資家必読!銀行融資を左右する団体信用生命保険5つの知識

不動産投資家必読!銀行融資を左右する団体信用生命保険5つの知識

あなたは「団体信用生命保険」、または「団信」という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか?

不動産投資家が銀行から融資を受ける際に、よく団体信用生命保険に加入するように言われます。しかし、団体信用生命保険についてよく知らないと、入るべきかどうかを迷われるかも知れません。あるいは、加入するように言われて、とりあえず加入された方もおられるかと思います。

いずれにしても、団体信用生命保険に入る際にはきちんと内容を理解してから入るべきです。

なぜなら、団体信用生命保険は銀行融資と密接な関係があり、加入が出来ない場合や、加入の仕方によっては銀行融資が下りない可能性があるからです。 また、保険に加入できるかによって融資額にも影響が出てきます。融資を組めないと買い進めることが出来ない不動産投資家にとっては、団体信用生命保険は本当に大事なものです。 そこで、この記事では団体信用生命保険について

  • そもそも、団体信用生命保険とはどのようなものか?
  • 加入することによるメリットやデメリット

などを解説します。

また、団体信用生命保険の種類やよく寄せられる疑問、注意点なども解説していきます。

この記事を読むことによって、どのように融資と絡めて団体信用生命保険を活用していくか理解できるようになるでしょう。その上で、銀行に融資について問い合わせることができます。また、個人で投資をするか、法人で行うかの決定もできるようになるでしょう。

続きを読む