アパート・不動産経営

家賃収入で2年以内に月100万円のプラス収支を生む4つの秘訣

家賃収入で2年以内に月100万円のプラス収支を生む4つの秘訣

家賃収入で副収入を得たい、不労所得を得たいと考えている人もいると思います。家賃収入を得るということはアパートやマンションの大家さんになるということです。

大家さんという言葉の響きから気軽に考えている人も多いかもしれませんが、大家さん=不動産賃貸業という立派な事業になります。安定的に長期に家賃収入を得るためには知っておくべき知識とポイントがあります。この記事では、大家デビューをする方のための

  • 家賃収入を得るための仕組み
  • 家賃収入を得ることのメリット、デメリット
  • どのような人が家賃収入を得る不動産投資が向いているか

などの基本的な知識はもちろんですが、家賃収入を得てキャッシュフロー100万円を目指すにあたって、運用しているうちに出てくる、よくある疑問もいくつか取り上げて回答したいと思っています。

また、アパート経営をして家賃収入を得ることに失敗した人と成功した人がやった事や、やらなかった事などを実例を踏まえてお伝えします。

そして最後に、家賃収入を得られるようになった後、キャッシュフロー100万円をなるべく短期で達成するため、長く稼ぎ続けるための運用や規模を大きくするためにはどうしたら良いかなどの情報もお伝えします。

続きを読む

土地活用で駐輪場経営は有効?向いている土地の4条件と運営方法とは

土地活用で駐輪場経営は有効?向いている土地の4条件と運営方法とは

「駐輪場を経営したい」と考える方は、すでに土地をお持ちでどう活用したらいいのかを考えている方が多いと思います。駐輪場経営は低資金で始めやすいと言われることも多いことから、手っ取り早く土地活用を始めるための選択肢として選ばれる方も多いかもしれません。

この記事では、

  • メリットデメリット
  • 向いている土地の条件
  • 始め方や失敗しないためのポイント

駐輪場経営に関する基礎知識に加え、駐輪場経営以外の土地活用の選択肢についてもお話します。

私はプロフィールを見て頂ければお分かり頂けると思いますが、不動産投資家として10棟のアパートを所有し、不動産投資を始めるからのアドバイスなどもさせて頂いています。

そんな土地活用のプロの視点から「駐輪場経営」のポイントをお伝えしながら、その他の有効的な土地活用の選択肢もお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

不動産投資の拡大に超重要!資産管理会社のメリットと最適な設立時期

不動産投資の拡大に超重要!資産管理会社のメリットと最適な設立時期

「資産管理会社」という言葉を調べている方は自分で不動産や資産を持っているまたは、個人で不動産投資をしていて何となく聞いたことがある。という方だと思います。 資産管理会社とは一体何をする会社なのか?設立する意味とは何か?など疑問に思っていることもあるでしょう。

そこでこの記事では、

  • 資産管理会社とは
  • 資産管理会社の種類
  • 資産管理会社のメリットデメリット

など資産管理会社に関する基本的な知識はもちろん、不動産投資で規模を拡大することを考えている方のために

  1. 資産管理会社を不動産投資でどのように活用していくか
  2. 自分にとって資産管理会社は必要か
  3. 資産管理会社の設立タイミング
  4. 資産管理会社の立ち上げ方
  5. 資産管理会社の運用、不動産投資規模拡大のステップへ

など、資産管理会社を使用して、不動産投資の拡大のため次のステップにスムーズに進むための知識をお伝えします。

私はプロフィールを見ていただいても分かる通り、不動産投資家として10棟のアパートを所有し、多くの方に不動産投資のアドバイスをしています。そして、不動産投資をサポートする会社を含め6社を経営しています。詳しくはプロフィールをご覧ください。つまり不動産投資のプロであり、不動産投資家へアドバイスをするプロでもあります。その私が実際に自分でも経験し、なおかつ不動産投資家の方へアドバイスさせていただいていることを書いています。

この記事を読み、資産管理会社という法人を立ち上げることによって、不動産投資の拡大をスムーズに進めるための一歩を踏み出していただければと思います。

続きを読む

駐車場経営は土地がすべて!収益が上がる土地の4つの条件とは?

駐車場経営は土地がすべて!収益が上がる土地の4つの条件とは?

不動産投資と一口にいっても、収益系の物件だけでなく、駐車場や太陽光など様々なものがあります。その中で「駐車場経営をしたい」とお考えの方には、まず「駐車場経営は本当に簡単に儲かるものなのか」ということをしっかり考えて頂きたいと思います。

例えば、田舎の空き地の土地活用として、相続した土地の有効活用のためと、駐車場経営を選択する人もいると思います。手っ取り早く収益を上げる選択肢と考えがちですが、不動産投資の長期的な視点で考えると「本当に利益を出し続けられるのか」「事業として規模拡大ができそうか」などについても考えてみることが大切です。

この記事では、不動産投資家として10棟のアパートを所有し、不動産投資をお考えの方のアドバイスをさせて頂く不動産投資のプロの視点から「駐車場経営」についての考えをお伝えします。

この記事を読むことで

  • 駐車場経営は本当に儲かるのか
  • 駐車場経営が自分にとってベストな土地活用の選択肢か

などをお分かり頂けると思います。これから駐車場経営を始めてみようかと検討中の方は、駐車場経営以外の有効活用の選択肢も含め、参考にしてみて下さい。

続きを読む

賃貸経営管理士は賃貸経営に役立つ?投資家が実務で必要な知識とは

賃貸経営管理士は賃貸経営に役立つ?投資家が実務で必要な知識とは

不動産関係の資格の一つに、「賃貸経営管理士」というものがあります。

この資格を取得するのは主に、不動産管理会社の従業員などですが、不動産投資家や、物件オーナーが取得することも多くなっています。その背景には、オーナー自身が「管理会社がどのようなことをするのか知っておいたほうが良い」と考えているからでしょう。

私は「賃貸経営管理士」の資格を取ることに関しては、投資家としては必須だとは考えていません。しかし、勉強する価値はあると思います。なぜなら、不動産投資家は「不動産賃貸業の経営者」であり、様々な知識が求められるからです。実際、そうした知識の差が、数十万、数百万円の利益の差になることもあります。

とはいえ、不動産投資家として深く勉強するには、「賃貸経営管理士」の勉強だけでは足りません。投資家として不動産賃貸業を運営するには様々な知識が求められるので、きちんとステップを踏んで勉強をしたほうが効果的です。

そこで当記事では、

  1. 賃貸経営管理士とはどういった資格なのか?
  2. 賃貸経営管理士で学ぶジャンル
  3. 不動産投資家に求められる勉強の範囲

を解説していきます。 そして、どのように勉強をしていけばより「不動産投資家として必要な知識を身につけられるのか?」を解説していきます。

この記事を読めば、不動産投資家として必要な勉強法のステップを学ぶことが出来るでしょう。

続きを読む

1年半で家賃収入年3000万!会社員リタイアまでの物件購入記

1年半で家賃収入年3000万!会社員リタイアまでの物件購入記

この記事は、貯金ゼロから両親に頭を下げて借りたお金で始めた不動産投資で、1年半後に家賃での年収3000万円になった購入体験記です(貯金ゼロからのスタートは本来非推奨です) 。ちなみに「家賃収入3000万円」は、わかりやすく家賃収入と表示していますが、厳密には家賃収入ではなく家賃収入から経費を差し引いたキャッシュフローの3000万円を意味しています。 つまり利益が3000万円です。

どうやって物件購入していったのですか?」 不動産投資の書籍出版やセミナー開催を通してよく聞かれる質問です。 実際、どんな感じで買っていくのかを知りたい方は非常に多いようです。

もちろん、先人の購入記は「タイミングが良かった」とか「たまたま良い物件が見つかった」というケースも多いので、そのまま同じ事ができるわけではありません。

とはいえ、「良い物件を見つけるためにどんな事をしていたのか?」を含め、先人の実践内容や購入記はこれから不動産投資を始めていく上で、参考になる点も多いでしょう。

そこで、私が20代から不動産投資を始め、1年半後に家賃収入3000万円まで到達した購入記をご紹介致します。 不動産投資を開始してから4年半が経ち、現在は不動産投資だけでなく、複数の会社を経営して年収は2億円を超えておりますが、全てのスタートは不動産投資です。

参考になれば嬉しいです。

続きを読む

「大家=不動産賃貸業」個人と法人11の違いと4つのポイント

「大家=不動産賃貸業」個人と法人11の違いと4つのポイント

この記事を読んでいる方は、

  • 実際に大家としてアパート経営をしていて、不動産賃貸業と大家の違いが気になる
  • ただの大家としてではなく不動産賃貸業として規模を広げていき安定した状態を作りたい
  • 不動産賃貸業という事業のことが知りたい
  • 何か投資をしたいが漠然と不動産関係が儲かりそうだから調べてみた

など、他にも理由はあるかもしれませんが、いずれも不動産賃貸業に興味を持っているという点では共通していると思います。

不動産賃貸業はいわゆる大家業のことですが、実はこの不動産賃貸業には個人事業主と法人があります。個人事業主と法人だと何が違うのでしょうか?

この記事では不動産賃貸業を個人事業主で運営する場合と法人化した場合の違いを中心に、法人化までのステップ、法人化のタイミングなどの情報も合わせてお伝えします。

私自身、不動産賃貸業で生計を立てていますが(私のプロフィールはこちらをご覧ください)、もちろん法人化しています。そして、不動産賃貸業で長期的な安定した収入が欲しい、収益を拡大させたいと思う方には早めに法人化させることをお勧めしています。 なぜ、私が法人化を勧めるのか、なぜ早めがいいのかはこの記事を読んでいただければわかります。

この記事を読むことで、

  • 自分のやっている不動産賃貸業を法人化させるべきかどうか
  • どのタイミングで不動産賃貸業を法人化すれば良いのか
  • 法人化のために何が必要なのか
  • 不動産賃貸業を法人化する上での注意点
  • 不動産賃貸業を拡大し成功させるためのポイント

を知ることができます。

また状況別にステップを書いていますので、自分の状況に合わせて法人化した方が良いのかを判断していただければと思います。

続きを読む

【図解】建蔽率の基本&建蔽率オーバー物件を適法にする2つの対策

【図解】建蔽率の基本&建蔽率オーバー物件を適法にする2つの対策

不動産投資を勉強すると、必ず「建蔽率(建ぺい率)」という用語が登場します。

また、関連して「容積率」という用語も登場します。両者とも不動産投資をする上で、基本的かつ重要な知識となります。

これらをよく理解しないまま投資を進めると、十分な収益が得られない、あるいは「違反物件」を掴まされてしまうなど、投資に失敗するリスクが高まります。 不動産投資を成功させる上で、基本的な知識はとても重要です。

ですから、投資が行き詰まるという事態を防ぐ上でも、建蔽率や容積率について「何となく」ではなく、「しっかり」と理解しておく必要があるでしょう。

また、建蔽率や容積率はエリアによって変わってきます。よって、そのエリアの建蔽率・容積率を把握し、そのエリアに合った投資を考えていく上でも、正しい知識を身に着けることが欠かせません。 加えて、本来は避けたい事態ではりますが、万が一建蔽率・容積率がオーバーしている物件を買ってしまっても、状況によっては知識でカバーできることもあります。

そこで当記事では、まずこれから投資を始めたいという方のために、「建蔽率」の基本と、「容積率」との関係といった基礎的な知識をお伝えいたします。その上で、投資を考えているエリアの建蔽率・容積率の調べる方法や、投資する上での理想の「建蔽率・容積率の基準」といったものがあるかどうか?についてもお伝えいたします。

また、既に建蔽率・容積率オーバーの、「違反物件」と思われる物件を買ってしまった場合の対処方法についてもお伝えいたします。場合によっては、そのような物件でも「適法」にすることで、売却などのその後の処理がスムーズに行えるようになる可能性があります。

もちろん、この方法は絶対ではありませんが、更地にするなど他の選択肢を考える前に検討する価値はあると思います。

当記事をお読みいただければ、建蔽率や容積率の基礎について、法律的な観点を含めた理解を深めることができるでしょう。また、理解できた知識に基づき、投資物件の購入を検討する際に「建蔽率・容積率」の判断を、不安なく行えるようになるでしょう。

加えて、既に建蔽率・容積率オーバーの物件を所有されている方でも、どのようにリカバリーできるか、法律に基づく適切な方法を見出していいただけます。

続きを読む

不動産で起業して成功したい人が抑えるべき6つのポイント

不動産で起業して成功したい人が抑えるべき6つのポイント

不動産で起業したいと思っている方、儲かりそうだから不動産関係の仕事で経営者になりたいと思っている方の中にも不動産事業についてあまりご存じない方もいるかもしれません。「不動産で起業」と一口に言っても不動産事業には種類があります。不動産業界での経験が無い状態から不動産で起業されようと考えている方には特に、不動産業界にどのような仕事があり起業のために何が必要なども分かりづらいと思います。

ここでは不動産事業の中でも、不動産仲介業と賃貸業の2つの事業に絞って、仕事内容の違いからそれぞれのメリットデメリット、収益の生み出し方の違いなどを不動産業界が未経験の方にも分かりやすくお伝えします

この記事を読むことで

  • 自分は不動産事業に向いているのか、どの事業で起業するか
  • 自分の状況で不動産の起業ができるのか
  • 不動産で起業するためには何をすれば良いのか
  • 不動産で起業するために何が必要なのか

などの疑問が解決でき、不動産で起業するためにあなたに必要な物ややるべきことが見えてくるでしょう。

そしてただ起業して終わりではなく経営者として成功するために、不動産仲介業、不動産賃貸業それぞれの事業で成功したモデルを取り上げます。 仲介業は79歳で宅建を取得し80歳で起業した和田京子さんが成功した理由、不動産賃貸業の方は当サイト監修の藤山大二郎をモデルとして、実際に不動産で自己資金ゼロの状態から、家賃収入3000万円までの規模に拡大している経験を踏まえてお話いたします。(藤山大二郎のプロフィールはこちらをご覧ください)

なお、今回の不動産の起業に関する当記事は、「不動産投資の学校ドットコム」編集部の執筆、監修でお伝えいたします。

続きを読む

破産リスクを回避!アパートを建てる時に知っておくべき4つの注意点

破産リスクを回避!アパートを建てる時に知っておくべき4つの注意点

アパートを建てることに興味があってこの記事をお読み頂いているのだとしたら、アパートを建てる理由はどちらでしょうか?「持っている土地をそのままにしているのももったいない」からという相続税対策でしょうか、それとも「アパートを建てて収益を得られるようになりたい」と不動産投資をお考えでしょうか。

アパートを建てれば楽に家賃収入が得られ眠らせている土地の有効活用になる。そう「軽く」お考えであれば、まずその考えは捨てることをおすすめします。なぜなら、アパートを建てるのはお金がかかりますし。正しい知識を持って運用をしなければ赤字になってしまうからです。

とは言え、あなたが不動産投資に本気で取り組むお考えがあるなら必要以上に怖がる必要はありません。なぜなら、不動産投資は株やFXなど他の投資とは違い、正しい知識を身に付けることで損をする可能性を限りなく低くすることができるからです。

私は現在10棟のアパートを所有しており、多くの方にアパートを建てる際のアドバイスなどもさせて頂いております。(私のプロフィールはこちらからご覧ください)。そんな私のこれまでの経験を元に「儲かるアパートを建てるために知っておくべき4つのポイント」をお伝えしたいと思います。

この記事を最後までお読み頂くことで、

  • 相続税対策でアパートを建てる際に必要な考え方
  • サブリースの営業が言う「家賃保証」や「一括借り上げ」のホントのところ
  • 所有している土地が本当にアパートを建てることに向いているかどうか
  • どんな需要があって、どうすれば空室が避けられるのか
  • どんな間取りのアパートを作れば良いのか
  • 儲かるアパートを建てるために必要な考え方
  • アパートを建てるために必要な4つのステップ

などを知ることが出来ます。最後までしっかりとお読み頂くことをおすすめします。

続きを読む