ステップ2:格安物件を掴むには◯◯◯をとる事

こんにちは。藤山大二郎です。

【無料講座】

格安物件を掴むには◯◯◯をとる事

本日から格安物件の基礎知識をお伝えします。

格安物件仕入れの話をすると、 「どんな物件を買うんですか?」 「属性が悪くても買えるんですか」という質問を多く頂きます。

そこで、今回は、 「格安物件とはどんなものか」 という事を説明していきますね。

まず第一に、 「格安」ということでそれなりの【問題】があります。

つまり、 「問題=リスクがある」ということです。

私がいつもセミナーや メルマガでも言っておりますが、 「投資家とはリスクを自ら取り、それをノウハウや経験値で利益に変える職業」 だと思っています。

当然リスクがゼロで、 儲かる物件なんかない、って事です。

「リスクを自ら取り、それをコントロールする」 = 知識や経験で、リスクを回避し、 物件を化けさせる(利益に変える)ことが可能なのです。

では、どんな「リスク」の種類があるのか、簡単に例を挙げてみます。


1.物理的瑕疵

  • ・物件がボロボロ
  • ・雨漏りがしている
  • ・シロアリがいる

など、建物崩壊や修繕リスクがある物件です。


2.心理的瑕疵物件

  • ・前オーナーが自殺した物件である
  • ・殺人現場になった物件である

など、普通の人は住みたがらない、客付けリスクのある物件です。


3.環境的瑕疵物件

  • ・隣地がゴミ屋敷である
  • ・近隣にヤ◯ザさんが事務所を構えている

など、これまた普通の人は住みたがらない客付けリスクのある物件です。


4.〇〇瑕疵物件

これがまさに弊社が狙う物件です。 〇〇に入る言葉はわかりますか?

実はこの◯◯瑕疵物件こそが、 我々が強みを持つ分野であり、 非常にリスク回避しやすく、 大きく利益に変えられる物件なのです。

みなさんは◯◯についてわかりましたか? 法律を武器に戦う!がヒントですよ^^

この◯◯瑕疵物件の投資法について、 ちょっと考えてみてください。

次回のステップ

〇〇瑕疵物件の答えは・・・?

「答え」をお伝えしたいと思います!

今日はこの辺で。

では。

次回も楽しみにお待ちください!

>再建築不可物件の建築可能化プログラム

再建築不可物件の建築可能化プログラム

「再建築不可物件」を使った不動産投資は、誰にでもできる簡単な方法でありません。 しかも、「投資」ですから、リスクはそれなりにあります。 それでも、リスクよりもメリットの方が大きいとも言えます。 その理由と、私たちの具体的なサポート内容などをセミナーでご説明いたします。 また、質疑応答の時間も用意しておりますので、ご不明な点はどうぞ遠慮なくお尋ねください。

CTR IMG