ステップ3:〇〇瑕疵物件の答えは・・・?

こんにちは。藤山大二郎です。

【無料講座】

〇〇瑕疵物件の答えは・・・?

前回の講座で、 格安物件のリスクの種類についていくつかあげました。 振り返りますと、 

  1. 物理的瑕疵
  2. 心理的瑕疵物件
  3. 環境的瑕疵物件
  4. 弊社が狙う〇〇物件

と4つ記述させていただきました。 4つめの〇〇の中身はわかりましたでしょうか?

まず、弊社が1〜3の物件を 狙わない理由から説明していきます。


1.物理的瑕疵

こちらは、安く買える可能性があるが、リフォームの知識や、安く施工する技術・労力・人脈が非常に重要です。

さらに、このような物件を狙っている玄人が多く、ライバルに勝てないというデメリットもあるため、タイミングがあえば買いますが積極的には狙っていません。


2.心理的瑕疵物件

  • こちらもまた、事故物件買取専門業者などがあるくらい、業者や玄人が多いこと、匂いによる特殊洗浄の必要や精神的な面からも取り組むにはハードルが高いと言えます。
  • 限りなく安ければ弊社も買うこともありますが、積極的に狙うのは△といった具合です。

3.環境的瑕疵物件

こちらは、正直リスクを解決できない可能性が高いです。

せっかく安く買っても問題である課題をクリアできないと安かろう悪かろうで意味がありません。

解決策がある物件であれば狙うのは◯でしょう。

が、あまりないかと思います・・・。

さて、 本題の我々が狙う〇〇瑕疵物件ですが、 それは・・・

「4、法的瑕疵物件」です!

法的瑕疵とは、簡単にいうと

  • ・相続で複雑になってしまった土地
  • ・入居者や借地人と地権者がもめている

などを指します。

なぜ、この法的瑕疵物件を狙うかというと、

  1. 法律を知っているだけで簡単に解決できることがある
  2. 不動産仲介業者や売主も法律を理解しておらず、リスクが高いと感じ、格安で売買されることが多い
  3. とにかく実践している投資家・業者が少なくライバルがいない

この3つが挙げられます。

ここまでで、 「法的瑕疵物件を狙うことで、 格安物件を仕入れ=利益に化けさせる」 ということについて書かせていただきました。

次回は、

物件には問題ないのに格安な理由

について お伝えします。

次回も楽しみにお待ちください!

>再建築不可物件の建築可能化プログラム

再建築不可物件の建築可能化プログラム

「再建築不可物件」を使った不動産投資は、誰にでもできる簡単な方法でありません。 しかも、「投資」ですから、リスクはそれなりにあります。 それでも、リスクよりもメリットの方が大きいとも言えます。 その理由と、私たちの具体的なサポート内容などをセミナーでご説明いたします。 また、質疑応答の時間も用意しておりますので、ご不明な点はどうぞ遠慮なくお尋ねください。

CTR IMG