ステップ8:法律を活用した投資事例を紹介します

こんにちは。藤山大二郎です。

【無料講座】

法律を活用した投資事例を紹介します

前回の講座では、「歪み」のある法的瑕疵物件を、 法律を活用して投資する具体例とメリットをお伝えしました。

しかし、お伝えした内容は 「机上の空論」ではありません。

既に実績を出している、 「効果実証済みの投資方法」です。

では、実際に法的瑕疵物件への投資で どれだけの利益が出ているのでしょうか?

今回はその事例を 金額を含めていくつかご紹介したいと思います。


■ケース1:鉄骨マンションで「利回り80%」!

(※このページ内の写真は全てイメージです。)

最初にご紹介するのは、 中国地方のとある鉄骨マンション(14世帯)です。

二人の権利者が土地と建物を共有し Aさんが2/3、Bさんが1/3の割合で持っていました。

まずは、Aさんの持分2/3を600万円で取得しました。

その後、Bさんとも交渉し 残りの持分1/3を220万円で取得をしました。

購入価格はトータル820万円かかりましたが、 満室であれば家賃収入が年間650万円入ってきます。

つまり、この時点での利回りは80%という、 「超高利回り物件」となりました!

最終的に、2800万円で売却できました。

利回り、売却益とも、通常の市場取引で これだけの数字はそう出せないと思います。

法的瑕疵という「歪み」を取ったからこそ 実現できたと言えるでしょう。

続いて、他のケースは概要のみをご紹介します。


■ケース2:330万で購入、1450万で売却!

茨城県の戸建て物件です。 共有者を含め4人が関係していました。

しかし、トータル330万円で購入し、 最終的に1450万円で売却できました。


■ケース3:20万で購入、1000万で売却!!

北関東のとある木造アパートです。

物件だけでなく、土地も6人で共有しているなど 色々あり処理に3か月かりました。

最終的に20万円で購入し、 1000万円で売却することができました!


■ケース4:3500万で購入、1.6億で売却予定

当社で現在進行中の案件です。

都内23区にある鉄骨6階建てのオフィスビルで、 120坪の底地案件で、3500万円で購入しました。

まだ確定ではありませんが、 1.6億円くらいで売却できる見込みです。


■ポイントは「資金のある人も、無い人も歪みを狙える」こと!

幾つか事例をご紹介しましたが、この投資法は

  • 資金がある人は大きく稼げる
  • ・自己資金があまり無い人でも手堅く利益を得られる

というメリットがあります。

資金のある方でしたら、 例えばケース4でご紹介したような 1億円を超える売却益も狙えます。

一方、自己資金があまり無い方でも、 ケース3のように安く購入できる物件もあります。

1000万円近い売却益は難しいとしても、 数百万円の売却益は十分に狙えます。

つまり、この方法は

『規模の大小に関係なく、手堅く利益を狙える投資法』

ということです!!

もちろん、リスクはありますが、 殆どの場合コントロールできます

例えば、築古物件の場合、 客付けができるかどうかが一つのリスクとなります。

これは経験値で対処していくしかありません。

しかし、法的なリスクは弁護士にお願いすれば 処理ができるかどうか判断できます。

もちろん、弁護士にも色々な方がおられますが、 法律に則って処理を進めていきますから、 弁護士のレベルに関係なくそれなりの結果が得られます。

言い換えれば、

  • ・負ける確率が少ない!
  • ・再現性が非常に高い!!

とても美味しい投資手法と言えます。

今回は、一例として「共有物分割請求」についてお伝えしましたが、 実は「法的瑕疵」には他にも

  • ・使用貸借案件
  • ・立ち退き案件

など、いくつかパターンがあります。

講座で全てをお伝えすることはできませんので、 詳しくお知りになりたい方はぜひセミナーにご参加ください

「法的瑕疵」に関する知識を得るだけでも、 大きな価値があると思います。

ぜひこちらからお申し込みください。 

さて、今回は法律を武器にした投資法が、 通常の取引ではあり得ない、高い収益性を実現できる ということを、実例を交えてお伝えしました。

しかも、資金があまり無い人にもチャンスがあります。

法律を武器にしたこの投資法には まだまだメリットがあります。

特に、リーマンショックのような 大きな経済変動にも耐えられる投資法となります。

次回の講座

一般的な不動産投資と、法律を駆使した格安物件投資の違い

では、 その辺のことをお伝えしたいと思います。

ぜひお楽しみになさってください!

 

 

>再建築不可物件の建築可能化プログラム

再建築不可物件の建築可能化プログラム

「再建築不可物件」を使った不動産投資は、誰にでもできる簡単な方法でありません。 しかも、「投資」ですから、リスクはそれなりにあります。 それでも、リスクよりもメリットの方が大きいとも言えます。 その理由と、私たちの具体的なサポート内容などをセミナーでご説明いたします。 また、質疑応答の時間も用意しておりますので、ご不明な点はどうぞ遠慮なくお尋ねください。

CTR IMG