メリットだけじゃない!マンション投資に潜むデメリットとリスク

不動産投資は、投資方法として有名で、様々な方法があります。マンション経営は、その中でも人気の投資方法です。安定した収入を得ることができ、うまく経営ができれば不労所得も夢ではありません。今回は、そんなマンション投資のメリット、デメリット、そしてリスクを紹介していきます。 この記事を読むことで、マンション投資についての知識が身につくでしょう。

1.マンション投資によるメリット

マンション投資によるメリット

マンション投資には様々なメリットがあります。そこで、主な6つのメリットを紹介していきます。

一つ目のメリットは、長期的に安定した収入を見込めるということです。マンションは、入居者さえいれば、家賃収入を得ることができます。そのため、安定した収益を見込むことができます。

株式投資やFX投資の場合、利益を得ることができる時もあれば、損失が出る場合もあります。しかし、マンション投資の場合は、そのようなことが無く、安定した収入を得ることができるというメリットもあります。

二つ目のメリットは、インフレの対策になるということです。貯金は、インフレにより実質の価値が下がってしまいます。

しかし、そのものに価値がある不動産は、インフレになるとその価値も高まります。そのため、不動産を所有していることで、インフレのリスクに備えることもできます

三つ目のメリットは、生命保険の代わりになるということです。マンションを購入するためにローンを使用する場合、団体信用生命保険に加入することで、万が一の時に備えることができます。

被保険者の身にもしものことがあった時に、住宅ローンは保険で支払われるので、家族にマンションを残すことができます。遺族は、継続して家賃収入を得たり、あるいは売却してお金を得たりすることも可能なので安心です。

四つ目のメリットは、老後の生活費になるということです。最近では、少子高齢化が進み、老後の資金が2千万円必要などと言われ、老後の不安が高まっています。しかし、不動産を所有していれば安心です。

マンションを持っていれば、継続して収入を得ることができるので、老後も安定した収入を得ることができます。そのため、年金以外の収入も得ることができるので、お金の心配をしなくてもよいです。

五つ目のメリットは、比較的手軽に始めることができるということです。マンションを購入するとなると、多額の資金が必要だと感じる人は多いと思います。しかし、実際には金融機関から融資を受けて購入します。

そのため、多くの資金がないという場合でも、融資の審査さえ通れば、マンションを購入することができます。ローンの返済も、家賃収入から返すことができ、大きな資金は必要ありません。

六つ目のメリットは、節税の対策になるということです。賃貸住宅を所有している場合、固定資産税が六分の一、都市計画税が200㎡までなら三分の一になり、税制面で優遇されています

また、相続税の対策にもなります。現金や預金の場合、100%が評価額に含まれてしまいます。相続税を算出する場合は、評価額から控除額を引き、税率をかけて計算します。そのため、評価額が小さいほど税金は小さくなります。

マンションの場合は、4割ほどに評価額を減らせるという場合もあり、現金と比べてかなりの節税効果があります。そのため、マンションは、相続税の対策にもなります。

マンション投資には、このように様々なメリットがあります。

2.注意すべきマンション投資のデメリット

注意すべきマンション投資のデメリット

マンション投資には、多くのメリットがある反面、注意しなければならないデメリットがあります。そこで、主な4つのデメリットを紹介していきます。

一つ目は、建物が老朽化していくということです。マンションは建物なので、時間が経つにつれ老朽化してしまいます。そのため、入居者確保のために家賃を下げたり、リフォームしなければならない場合もあります。

老朽化が進むと、修繕費も増えていき大きな負担となってしまいます。建物である以上老朽化は避けられません。しかし、老朽化を遅らせるためにメンテナンスを行うという対策ができるので、覚えておきましょう。

二つ目は、金利の上昇により、ローンの返済額が増えてしまうということです。マンション投資を始める際に、固定期間選択型変動金利や変動金利などのローンを使用した場合、金利の上昇によりローンの返済額が増えてしまうということがあります。

ローンの返済額が増えると、費用が増え、その分利益も減ってしまいます。金利の上昇は必ず起こるというわけではありません。しかし、もし起きてしまった時、資金がぎりぎりだと経営が立ち行かなくなってしまいます。

そのため、資金に余裕を持つということが大切です。

三つ目は、すぐに現金化できるというわけではないということです。マンションなどの不動産は流動性が低く、すぐに現金化できるわけではありません。一般的には現金化するのに数ヶ月かかってしまいます。

急遽現金が必要となった場合でも、マンションをすぐに売るということは難しいです。また、希望した価格で売れるというわけではありません。 一度マンションを所得すると、すぐに現金化できないということは、心しておきましょう。

四つ目は、地価が変動することもあるということです。地価は上がることもあれば下がることもあります。購入した時よりも地価が上昇すれば、利益を得ることもできますが、逆に下落してしまうと、売却したくても損失が出てしまうということもあります。

最近では、地方の地価が下がる傾向にあります。近年、日本は人口も減少しており、首都圏に人口が集中することで、地方の土地の地価がさらに下がるということも懸念されます。

地方の土地は、地価が下落する可能性が高いので注意しましょう。

3.知っておくべきマンション投資に潜むリスク

知っておくべきマンション投資に潜むリスク

マンション投資には、様々なリスクがあります。投資をする上で、リスクを理解しておくということはとても重要です。そこで、知っておくべき3つのリスクを紹介していきます。

一つ目は、空室のリスクです。マンション経営は、家賃収入を主な収入源としています。そのため、空室ができてしまうと収入を得ることができません。

収益を上げるためには、空室の期間を減らし、入居率を高め、継続して家賃収入を得るということが重要です。しかし、最近は人口が減少し世帯数も減っています。そのため、住宅の戸数が世帯数を上回り、供給過多となっています。

これにより、空室のリスクが高まっています。また、周りの環境の変化によっても、空室のリスクは高まってしまいます。

この空室のリスクをできる限り避けるためには、立地や利便性に優れた物件を選ぶことが重要になります。また、契約する管理業者も優良な業者を選ぶことで、空室のリスクは小さくすることができます。

二つ目は、災害のリスクです。地震や津波、土砂崩れなどの自然災害により、マンションが被害を受けてしまうことがあります。日本は、地形的にも自然災害が多く、リスクが高いです。

せっかく購入したマンションが災害により被害を受けると、収入を得ることができなくなってしまい、大きな損害となってしまいます。

そのため、物件を探す際に、ハザードマップを確認し、できる限り被害を受けにくい立地の物件を選ぶことが重要です。また、もしもの場合に備えて火災保険や、地震保険に加入するという対策方法もあります。しかし、その分保険料がかかるというデメリットもあるので注意しましょう。

三つ目は、家賃滞納のリスクです。アパートやマンション経営には、家賃滞納のリスクが付き物です。入居者が入っていても、家賃を滞納されることで収入を得られなくなってしまいます。

このようなリスクを避けるためには、入居者審査を徹底し、できる限り優良な入居者を選ぶということが重要です。また、滞納のトラブルの防止や対応をしっかりと行ってくれるような管理会社と契約することでこのようなリスクに備えることができます。

マンション経営には、様々なリスクがあります。悪い面には目を背けたくなってしまいますが、知っておくことで、リスクの対応が可能です。そのため、リスクについてもよく理解しておきましょう。

4.まとめ

マンション投資は、ローンを利用することで、比較的手軽に始めることができ、安定した収入を得ることができます。また、インフレや節税の対策になるなど様々なメリットがあります。

しかし、その反面、建物が老朽化したり、金利の上昇によりローンの返済額が増えてしまうといったデメリットもあります。また、空室や災害、家賃の滞納といった様々なリスクがあります。

マンション投資は、夢の不労所得を実現させるための方法として人気です。しかし、資金に余裕を持ち、様々なデメリットやリスクがあるということも理解したうえで投資を行う必要があります。

メリットだけじゃない!マンション投資に潜むデメリットとリスク
最新情報をチェックしよう!
>再建築不可物件の建築可能化プログラム

再建築不可物件の建築可能化プログラム

「再建築不可物件」を使った不動産投資は、誰にでもできる簡単な方法でありません。 しかも、「投資」ですから、リスクはそれなりにあります。 それでも、リスクよりもメリットの方が大きいとも言えます。 その理由と、私たちの具体的なサポート内容などをセミナーでご説明いたします。 また、質疑応答の時間も用意しておりますので、ご不明な点はどうぞ遠慮なくお尋ねください。

CTR IMG