玄関リフォーム費用の相場は?事例から学ぶ失敗を避けて安く抑えるコツ

玄関をリフォームする場合、全面的なリフォームのほかに、ドアの交換、バリアフリー工事、風除室の設置や床面のタイル交換など部分的におこなう方法もあります。

リフォームをするうえで特に気になるのは「どのくらい費用がかかるのか」という点ではないでしょうか。

この記事では、

  • 玄関リフォームにかかる費用と工事日数の目安
  • バリアフリーなど玄関周りのリフォーム相場と工事日数
  • 玄関リフォームする際に注意すべき点
  • 玄関リフォーム費用を抑える方法
  • 参考にしたいおすすめのブログ
  • 信頼できるリフォーム会社を選ぶコツ

について紹介します。

玄関リフォームに関する悩みを解消したうえで業者に依頼し、玄関の雰囲気を一新させましょう。

1.目的別玄関リフォームの相場

目的別玄関リフォームの相場

玄関リフォームは、大きく分けると玄関ドアの交換と玄関周りのリフォームとなります。玄関周りのリフォームとは、バリアフリー化や収納スペースの設置、防犯性の向上などです。

この章では、玄関のそれぞれの箇所の工事内容や日数、費用について説明します。

1-1.玄関ドアのリフォーム相場と工事日数

玄関ドアのリフォームのための、ドア本体の価格とドアの設置工事にかかる費用をご紹介します。また、工事日数はドアの設置工事の方法によって異なります。

ドア本体の価格

ドア本体の価格の目安は以下のとおりとなります。

  • ・開き戸(片開きドア):10万~30万円
  • ・引き戸(引き違い扉):30万~40万円
  • ・木製断熱ドア:30万~50万円
  • ・防犯対策ドア:30万~40万円

片開きドアに替えるとドア本体の価格を抑えられます。また、引き戸の引き違い扉は2枚の扉を使う形となるために割高となりますが、扉を1枚だけ使用する片引き扉の場合は20万~30万円程度となります。

断熱ドアの材質は、金属と比べると断熱性能が高い木製となっています。また、防犯対策ドアは、鍵を2か所開ける必要がある「2ロック」タイプのものや、バールでこじ開けられることを防ぐ「鎌付デッドボルト」が採用されています。

ドア本体のリフォームの日数や費用

ドア本体のリフォームにかかる日数は、カバー工法とそれ以外の方法によって異なります。

カバー工法とは、これまで使用していたドアの枠をそのまま残しておき、その枠の上に新しいドア枠を取り付けてドア本体を設置する方法です。この工法であれば作業が簡単なため、ドア交換の作業は通常1日で終了し、早ければ半日で終わります。

カバー工法の工事費の目安は5万~10万円程度です。

それ以外の工法でドア交換をおこなう場合、ドア枠そのものを作り直さなければならないため、大工工事や外壁工事などさまざまな工事が必要となります。カバー工法以外の作業をおこなう場合、リフォームにかかる日数は5日程度となります。

カバー工法以外の工事費は、外壁工事や内装工事などを含めると20万円程度が目安です。

ドア本体のリフォームの総額についておおよその目安を示すために、ドア本体の価格を30万円とします。また、工事はカバー工法でおこない、費用は5万~10万円程度かかるものとして、これまで使用していたドアの廃棄料は1万~2万円程度とします。

上記の条件の場合、ドア本体のリフォームの総額は36万~42万円となります。なお、ドアリフォームの総額はドア本体の価格によって変わるほか、カバー工法でリフォームがおこなえない場合はリフォーム費用が高くなります。

ドアの鍵交換にかかる費用

鍵交換の費用は、鍵の種類によって異なります。鍵の種類としては以下のものがあります。

種類 形状 交換費用目安
インテグラル鍵 ドアノブの部分が丸い形をしているもの 4000~1万8000円
レバーハンドル鍵 ドアノブの部分がレバー式になっているもの 5000~2万円
引き違い戸鍵 扉が2枚あり、扉と扉が重なる部分に鍵がついているもの 2500~2万5000円
プッシュプル鍵 ドアの取っ手が縦長のもの。鍵穴は一つ、もしくは二つ 1万5000~8万円
オートロック鍵 鍵を閉めなくても自動的に鍵がかかる仕組みのもの 約20万円

鍵交換の作業は、鍵の種類にもよりますが15分~1時間程度で終了します。

2.玄関周りのリフォーム相場と工事日数

玄関周りのリフォーム相場と工事日数

玄関周りのリフォームとしては以下のものがあります。

  • ・バリアフリー工事
  • ・玄関収納設置
  • ・玄関周辺の外壁工事
  • ・風除室設置
  • ・玄関周辺の照明交換
  • ・玄関ポーチのリフォーム

それぞれのリフォームについて、相場と工事日数を説明します。

2-1.バリアフリー工事の費用と工事日数

バリアフリー工事としては、スロープ・手すりの設置があります。玄関の外にスロープを設置する場合、足腰の弱っている人が歩きやすくするために、傾斜した部分を設置したうえで手すりも取り付ける必要があります。

費用の目安は40万~50万円程度、リフォームの期間の目安は2日~3日程度です。

2-2.玄関収納設置の費用と工事日数

玄関収納を設置する方法としては、玄関に靴を入れる戸棚を置く「カウンター型」や、高いところにも収納できる「壁面収納型」「フロート型」があります。

カウンター型は5万~10万円程度で済みますが、壁面収納型やフロート型は10万円から20万円程度です。なお、壁面収納型とフロート型は間口が広くなると費用が高くなり、40万円程度になる場合もあります。

リフォーム期間の目安は、カウンター型は1日~2日程度、それ以外は2日~3日程度です。

2-3.玄関周辺の外壁工事の費用と工事日数

玄関周辺の外壁工事としては、玄関リフォームと同時に外壁の塗装、または外壁で使用している建材をサイディングに交換するケースがあります。

また、外壁工事は玄関周辺だけおこなうほかにも、玄関リフォームと同時に外壁の全面的なリフォームをおこなう場合もあります。そのため、リフォームの内容によって費用やリフォーム期間は大きく変わります。

外壁塗装も同時におこなう場合の例としては、費用は100万~150万円程度、リフォームの期間は2週間程度を見込みます。

また、玄関周辺の外壁をサイディングに交換する場合の例としては、費用は200万円前後、リフォームの期間の目安は3週間程度です。

2-4.風除室設置の費用と工事日数

玄関に風除室を設置すると、玄関の扉に雨や風が当たらなくなるため、玄関が長持ちしやすくなります。また、風除室があることで玄関の中がぬれにくくなるため、きれいな状態を保てます。

風除室

風除室の設置費用の目安は20万~50万円程度、リフォーム期間の目安は2~3日程度です。

2-5.玄関周辺の照明交換の費用と工事日数

玄関周辺の照明を交換する場合、照明本体の費用のほか、取り付け費用がかかります。

照明本体の費用の目安は2万~5万円程度、取り付け工事費は5000~1万円程度です。照明本体に取り付け費用を加えた場合の目安は2万5000~6万円程度となります。

玄関の照明交換は、多くの場合1日で終了します。

2-6.玄関ポーチのリフォームの費用と工事日数

玄関ポーチとは、玄関の入り口の部分に庇(ひさし)がついている部分のことで、雨が降ってもぬれにくい空間となっています。

玄関ポーチでのリフォームとしてはタイルの張り替えや庇の交換などがあります。

タイルの張り替えにかかる費用の目安は、玄関ポーチの広さにもよりますが10万円前後、リフォーム期間の目安は2日前後です。

また、庇交換にかかる費用の目安は10万~20万円前後、リフォーム期間の目安は2日~3日程度です。ただし、庇の傷みが原因で壁面や内側の木材にまで腐食が生じている場合は1週間近くかかる場合もあります。

3.玄関リフォームする際に注意すべき点

玄関リフォームする際に注意すべき点

玄関リフォームをする際に注意すべき点としては、以下のものがあります。

  • ・断熱性
  • ・採光性
  • ・通気性
  • ・防犯性
  • ・掃除のしやすさ
  • ・玄関の床面と壁面・廊下の色合いに違和感がないか

それぞれの項目についてくわしく説明します。

3-1.断熱性

玄関は屋外と直接的に接していることから、玄関のドアに断熱性がなければ、冬は外から寒さが伝わりやすく、夏は暑さが伝わりやすくなってしまいます。

断熱性を高めるためには、断熱性があるドアを選びましょう。一般的なドアと比べると割高となりますが、家の中を快適にするなら断熱性のドアが効果的です。

3-2.採光性

玄関において大切な要素の一つに「採光性」があります。玄関の壁面に窓がなく、玄関のドアが光を通すタイプでなければ、玄関が暗い雰囲気になってしまいます。

採光性を改善するなら、光を通す窓がついているドアを選びましょう。ドアから光が通ることによって玄関が明るい雰囲気となります。

3-3.通気性

夏になると、玄関の扉が閉まったままでは暑くなってしまいます。通気性を良くする対策としては、玄関用の網戸の設置が効果的です。網戸がついていなければ、リフォームを機に網戸を設置しましょう。

そのほか、通気性を良くする対策として、外の空気を取り込める通風タイプのドアに交換する方法もあります。扉を閉めたまま外の空気を玄関に通せるので、通気性が改善します。

3-4.防犯性

玄関リフォームの際にこだわりたい点は、防犯性を高めることではないでしょうか。

防犯性を高められるドアとしては、鍵を2か所で締めるタイプのものがあります。鍵を使わずに鍵を開ける行為を「ピッキング」と呼びますが、鍵穴が2か所あるとピッキングされにくくなります。

また、ピッキング対策用の鍵として、ドアの鍵を「ディンプルキー」に交換する方法もあります。

ディンプルキー

3-5.掃除のしやすさ

玄関は土足で出入りするために汚れやすくなります。日頃の玄関のお手入れをできるだけ簡単にするなら、掃除をしやすい床材を選びましょう。

玄関の床面にクッションフロアを敷く方法や、玄関用の掃除がしやすいシートを利用する方法もあります。

3-6.玄関の床面と壁面・廊下の色合いに違和感がないか

玄関の床面を張り替える場合、床面の色合いだけを考えるのではなく、壁面や廊下の色合いも含めて全体的に調和しているか、という観点から床材を選びましょう。

例えば、明るい色合いの床材に変えたいとしても、壁面が落ち着いた色合いである場合、全体的に調和せず、不自然な仕上がりになることがあります。

全体的な色合いのバランスを考えてリフォームをすると、玄関の印象が良いものに変わります。

4.玄関リフォーム費用を抑える方法

玄関リフォーム費用を抑える方法

玄関リフォームをおこなううえでネックとなるのは費用が高額になることですが、さまざまな方法によって玄関リフォームの費用は抑えられます。

費用を抑える方法としては、相見積もりをとること、住宅ローンの適切な活用、補助金の利用があります。

4-1.相見積もりをとる

費用を抑える方法としては「相見積もり」があります。相見積もりとは複数の会社に見積もりを依頼することです。相見積もりをとることによって、複数の会社の見積額を比べられるので、お得な価格でリフォームがおこなえます。

相見積もりをするときは、できる限り3つの会社に見積もりを依頼しましょう。それによってリフォームの相場がわかるため、適正な価格でリフォームがおこなえます。

また、リフォームの見積もりサイトを利用すると、リフォームにかかる費用の目安がわかります。

4-2.住宅ローン

リフォームでローンを利用する場合、「リフォームローン」の利用が一般的です。しかし、住宅ローンと比べると借り入れできる額が低く抑えられており、金利も割高となっています。

そこで利用を検討したいのが、住宅ローンとリフォームローンが同じ条件で利用できる一体型の住宅ローンです。

一体型の住宅ローンが利用できる条件は、住宅ローンの借り入れ中にリフォーム資金を借り入れすることです。

その条件を満たせば、リフォーム用の借り入れでありながら、借入金額、金利のいずれも住宅ローンと同じ条件が適用されます。

リフォームローンと住宅ローンの金利差は、数字で見ると小さなものでしかありませんが、実際に借り入れをおこなうと、返済する額はリフォームローンと住宅ローンでは大きく変わります。

お得なローンを活用して金利の負担をできるだけ軽くしましょう。

4-3.補助金

玄関リフォームをおこなう場合に利用できる補助金としては以下のものがあります

  • ・各自治体のリフォーム補助制度
  • ・介護保険
  • ・次世代省エネ建材支援事業
  • ・長期優良住宅化リフォーム推進事業

なお、これらの補助制度を受けるためには一定の条件を満たしている必要があります。また、受付期間が設けられている場合があるため、これらの制度を利用する場合は事前に確認しておきましょう。

各自治体のリフォーム補助制度

自治体によってはリフォーム向けの補助制度が設けられています。

対象となる工事、補助する金額、補助金制度の受付期間は各自治体によって異なります。また、自治体によってはリフォームに対する補助をおこなっていない場合がありますので、お住まいの自治体に確認しておきましょう。

介護保険

介護保険制度では、要介護者が暮らしている住宅を対象として補助金を支給しています。

補助金を受けられる条件は以下のとおりです。

  1. 要介護者が暮らしている住宅であること
    要介護認定を受けていない場合は、その認定を受けることが必要
  2. 介護者が生活しやすくするためのリフォームであること

玄関リフォームに当てはまる工事の種類は以下のとおりです。

  • ・手すりの設置工事
  • ・段差解消の工事(スロープ設置、玄関の段差解消など)
  • ・滑りにくい床材に変更する工事
  • ・扉の交換工事

補助の対象となるのは最大で工事費20万円分です。ただし、収入に応じて1割~3割は自己負担となるため、実質的な補助金額は最大で18万円となります。

次世代省エネ建材支援事業

次世代省エネ建材支援事業(次世代建材)とは、住宅の省エネルギー化を目的とした補助制度で、断熱性能を持つ玄関ドアに交換する場合に補助を受けられます。

ただし、次世代省エネ建材支援事業は、高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)を同時におこなった場合に限り補助を受けられる制度です。

断熱リノベの対象となる工事は、住宅の断熱パネルの改修、または潜熱蓄熱建材の施工のいずれかとなります。そのため、断熱性能を持つ玄関ドアに交換する工事だけでは補助を受けられません。

あくまでもメインとなるのは断熱リノベに関する工事であり、玄関ドアに交換する工事は断熱リノベに付随する位置づけとなります。

補助の対象となるのは、補助対象経費の2分の1です。補助対象経費とは、断熱機能を持つ製品の購入費用とその製品を設置するための工事費用です。そのため、工事費の全額が補助対象とならない点に注意が必要です。

また、補助金の上限額は戸建住宅が1戸あたり200万円、集合住宅は1戸あたり125万円です。

なお、補助金の下限額は1戸あたり20万円です。そのため、補助対象経費が40万円未満の場合は補助金が支給されません。

長期優良住宅化リフォーム推進事業

長期優良住宅化リフォーム推進事業とは、住宅を長持ちさせること、そして省エネ化を図るためのリフォームを対象として補助する制度です。

この制度で補助を受けるためには、住宅の耐久性、耐震性を高めるリフォームをおこなうこと、一定の省エネ基準を満たしたリフォームをおこなう必要があります。

そのため、単に玄関リフォームをおこなうだけでは補助の対象にならない場合があります。

ただし、この制度では「三世代同居対応改修工事」に対する補助金を支給しています。具体的な内容としては、リフォームによってキッチン、浴室、トイレ、玄関のいずれかが2つ以上設置されれば補助金の対象となります。

つまり、三世代が一緒に暮らす住宅で玄関が一つしかなかった場合、もう一つ玄関を追加する工事をおこなえば補助を受けられます。

なお、先述したとおり、この制度で補助を受けるためには、住宅の耐久性、耐震性、省エネ基準が一定の条件を満たしている必要があります。リフォーム後にこれらの条件を満たさない場合は補助の対象外となるので注意が必要です。

三世代同居対応改修工事を実施する場合に受けられる補助は、対象の工事額の3分の1となります。ただし、上限は150万~300万円です。上限額は住宅の性能によって異なります。

玄関リフォームのDIYについては、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

玄関は「家の顔」といわれます。玄関を引き戸からドアに替えたり、玄関を広げたりするなどのリフォームをおこなって 、玄関はもとより家の印象を良くしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。 しかし、玄関のリフォームをおこなうには費用がかか[…]

玄関リフォームのDIYで失敗しない方法とは?事例付きで解説

5.参考にしたい事例

参考にしたい事例

玄関リフォームで参考にしたい事例として、成功した事例と失敗してしまった事例について紹介します。また、失敗を防ぐにはどのようにすれば良いか、という点についてもみていきます。

5-1.成功した事例

楽天ブログ【ひよりごと】

 

玄関リフォームの成功例として、ブログ「ひよりごと」の事例が参考になります。

リフォームで、たたきのタイルを柄入りのモロッコタイルに張り替えたことで、玄関がおしゃれな雰囲気に様変わりです。

また、シューズボックスの扉や梁、階段の手すりなど木製のものを再塗装したほか、クロスの張り替え、漆喰の塗り直しもおこない、窓に取り付けるブラインドは白系のものに交換しています。玄関の周りは白を基調とした色合いとなっており、スッキリとした印象に仕上がっています。

そのほか、玄関にはワンちゃんの真新しいゲージが設置されています。ゲージの色も白であり、全体の雰囲気に調和しています。ワンちゃんとしても、リニューアルした玄関は居心地良く感じることでしょう。

5-2.失敗してしまった事例

【心を楽に、シンプルライフ】

ayakoteramotoさんが運営するブログサイト「心を楽に、シンプルライフ」では玄関リフォームの様子が紹介されていますが、本人いわく、大失敗してしまった箇所があるといいます。それは、玄関をモルタル仕上げにしたことです。

玄関の床面をモルタル仕上げにするメリットは、コンクリートを打ちっぱなしにしたような雰囲気にできることです。完成後は床面がシックな雰囲気になりましたが、雨の日にぬれた靴を玄関に置くと、徐々にシミができるようになってしまいました。

そこで再度リフォームし、床面をダークグレーのタイルに張り替えました。タイルに張り替えたことにより、モダンな雰囲気に仕上がりました。

5-3.失敗を防ぐために

リフォームで失敗してしまう原因は、「長い間使うとどうなるか」という視点が欠けてしまう点にあります。

例えば「見た目が良いのでこの素材を使いたい」という理由で素材を選ぶケースは多いですが、長い間使い続けると素材の質が落ちてしまうことは十分にあり得ます。

そのような失敗を防ぐためには、リフォームを始める前にリフォーム会社と十分に打ち合わせをすることです。リフォーム会社は多くのリフォームを手がけてきたことから、長期的な視点でみた場合のアドバイスもおこなえます。

素材選びや工事の内容についてある程度決まったら、リフォーム会社の担当者に相談して、長い間使用しても問題がないかどうかをあらかじめ確認しておくと、リフォームでの失敗を防ぎやすくなります。

6.信頼できるリフォーム会社を選ぶポイント

信頼できるリフォーム会社を選ぶポイント

玄関リフォームを実際におこなうと決めたら、リフォーム会社を選ぶ必要がありますが、会社の数は多いため、どの会社にすれば良いのかがなかなか決められないこともあるでしょう。

この項目では、信頼できるリフォーム会社の選び方について紹介します。

6-1.近所にあるか

リフォーム会社の選び方としては、近所にある会社かどうかという点があります。

会社が近くあるほうが良い理由は、リフォーム後にトラブルが発生した場合にすぐ対応してもらいやすいからです。

なかには、条件の良いリフォーム会社にしたいために、自宅から遠い場所にある会社を選ぶ場合がありますが、万が一トラブルが発生すると対応までに時間がかかってしまいます。

リフォーム後のトラブル対応という観点からみると、リフォーム会社が自宅の近くにあるのは安心感があります。

6-2.値段は適切か

リフォーム会社を選ぶポイントとして、値段が適切かどうか、という点があります。

リフォーム費用が高い会社は避けることが多いですが、問題になりやすいのはリフォーム費用の安い会社を選んでしまう点です。

価格の面からみるとお得な感じがしますが、そのような会社を選ぶと質の低い材料を使っていたり、施工技術が低かったりします。結果として、価格相応の仕事しかしていない場合があるため、リフォーム後の満足感が得られにくくなってしまいます。

現在では、ネットで調べるとおおよその相場が調べられます。相場をもとにして、高すぎず、そして安すぎない価格を提示するリフォーム会社を選びましょう。

6-3.口コミを確認する

また、事前にリフォーム会社の口コミを調べておくことも効果的です。

ネットで調べると、リフォーム会社の口コミが載っているサイトがあります。そのサイトを参考にするとリフォーム会社に対する意見や工事の感想などが載っています。また、リフォーム会社の評価を星の数で示している場合もあるため、リフォーム会社を手軽に決められます。

6-4.業者の規模をチェックする

そのほか、リフォーム会社を選びときに参考にしたいのが、業者の規模をチェックすることです。

例えば、資本金はどれくらいか、これまでにおこなったリフォームの実績は何件ほどか、職人の数は何人いるのか、という内容があります。

特に、リフォームをおこなった実績が多いほど、経験が豊富であるため質の高い作業が見込めるうえに、依頼に対して柔軟に対応しやすくなります。

価格や評判で選ぶ方法もありますが、実績に基づいて会社を選ぶことも大切です。

まとめ

1.玄関リフォームの種類はドア交換と玄関周りのリフォームに分けられる。費用の相場は作業によって異なる

2.リフォーム費用を抑える方法は相見積もり、補助金の利用、リフォーム一体型住宅ローンの活用の3つがある

3.リフォームの失敗を防ぐために、成功事例だけでなく失敗事例も確認しておく

4.信頼できるリフォーム会社の選び方は、会社が近くにあること、価格が適正であること、口コミでの評価が高いこと、実績が多いことの4つがある

玄関のリフォームをおこなう場合、数十万円単位の費用がかかります。玄関のリフォームを全面的におこなうと費用が高額になるので、リフォームの予算が限られているのであれば、玄関のどの部分を重点的にリフォームするか、という点を考えておくと良いでしょう、

また、できる限り費用を抑えるためには、相見積もりをとったり、補助金制度を利用したりすることが効果的です。そして、リフォームにおいて何よりも大切なのは、質の高いリフォームがおこなわれることです。

価格を抑えることだけを考えていると、リフォームの仕上がりが低品質になってしまうことがあります。信頼できるリフォーム会社と十分に打ち合わせをおこない、納得のいく玄関リフォームをおこないましょう。

>再建築不可物件の建築可能化プログラム

再建築不可物件の建築可能化プログラム

「再建築不可物件」を使った不動産投資は、誰にでもできる簡単な方法でありません。 しかも、「投資」ですから、リスクはそれなりにあります。 それでも、リスクよりもメリットの方が大きいとも言えます。 その理由と、私たちの具体的なサポート内容などをセミナーでご説明いたします。 また、質疑応答の時間も用意しておりますので、ご不明な点はどうぞ遠慮なくお尋ねください。

CTR IMG