ポイント6:火災保険を切り変えるだけで手元にキャッシュが残ることも

こんにちは。NSアセットマネジメント、火災保険事業部担当の園部です。

【無料講座】

前回のポイント5では、 火災保険を能動的に使う方法についてお話しました。

「何かあったら」ではなく、 「何かあったかもしれない」と、 積極的に保険を使う方法についてお話しました。

本日は、

能動的に保険を使う方法その2

と言うテーマで、 引き続き、保険を有効的に使う方法についてお話いたします。

前回のその1では、 「火災保険は能動的に使うことができる」 ということをお伝えしました。

今日は、 もう少し具体的に掘り下げてお伝えしていきます。

火災保険は、 過去の災害による損害でも遡って申請することが出来ることをお話しました。

例えばいつの間にか、 クラックなどの損害が発生しているようなケースではどう保険を使えばいいのか。

まず調べることは、 その「原因」です。

なぜなら、地震や過去の台風などが原因の場合は、 保険金が降りる可能性があるからです。

保険期間中に、 その自然災害が原因で損害が発生していれば、 「その時に壊れた」と保険金を申請することができます。

もちろん、 「これはその時の損害ではない」 と保険金がおりないケースもあるわけですが、 実際問題、代理店や管理会社が見ただけでは分からないことがほとんどです。

理由はすでにお話した通り、 代理店や管理会社は保険の知識がないことが多いからです。

そこで利用したいのが、 ポイントの4でお話した、保険金申請のプロの力です。

契約者目線で建物診断してくれる業者に診てもらうことで、 プロにしか分からない視点が診断してくれ、見積りも出してくれます。

  • プロの視点から診断、見積りを出してもらうことによって、
  • 申請しやすく保険金もおりやすくなる

わけです。

「過去に何かあったのでは」という視点を持つことで、 今何もなかったとしても、 こうして火災保険を積極的に活用し保険金を受け取ることができるようになります。


■保険の切り替えでキャッシュを確保する方法

さらにもう1つ別の方法もお伝えします。

火災保険は、 物件購入時に管理会社や代理店に勧められ言われるがままに加入していることが多く、 例えば、10年一括で入っているようなケースも少なくありません。

保険期間を長くして一括で支払うのが、保険料はお得になることは間違いないのですが、

  • 手元にお金が無い場合には、
  • それによって資金面が苦しくなることもある

わけです。

言われるがままに、 長期の保険に入ってしまったケースでも、 そもそも短期的に売却を考えていたりして本来そこまで長い保険に入る必要が無いこともあると思います。

例えば5年以内を目途に売却予定なら、10年一括で入る必要はないわけです。

そんな場合は、 一旦解約することで手元にキャッシュを残すこともできます

火災保険は解約すると、 返戻金が返ってきますが、 これは思った以上に返ってきます。

返ってきたお金で、 新たに必要な期間の保険に入りなおせば、 差し引きしても、手元にお金を残すことができるケースは多くあります。

  • 手元にお金を残しておきたいタイミングでは、「長期の保険は解約する」

という方法を知っておくことも大切です。


■無駄な補償をつけていないか?

ポイント3でもお話しましたが、 火災保険は期間のみならず、 補償内容にも無駄が見つかることが多いです。

そうした無駄な補償を付けている場合、 解約して戻ってきた返戻金の中で適切な保険に入り直せば、 切り替え費用はタダになります。

場合によっては、 手元にお金が残ることもあるわけです。

保険の切り換えは、 「新たにコストがかかる」と考えがちで積極的に見直す人も少ないのですが、 そもそも今の契約内容に無駄がある場合、 例え切り替えにコストがかかったとしてもトータルではお金が残ることも多くあります。

火災保険は、

  • 「保険金をもらう」という方法以外にも
  • 契約内容や期間を見直すことで、
  • 「キャッシュを生む」という方法もある

わけです。

今の自分の資金繰りの状況に合わせて、 一度保険を選び直してみてはいかがでしょうか。

今日までのポイント6では、 火災保険とはどういうもので、どうすれば有効活用できるのかという知識やノウハウを中心にお伝えしてきましたが、 以前からお伝えしているように、 結局のところ火災保険を十二分に有効活用するためには「代理店選び」が何よりも重要です。

とは言え、 どうやって代理店を選べばいいのか、 優秀な代理店かどうかをどう見分ければいいのかは分からないところだと思います。

と言うことで、 次回は、

保険のプロ直伝、優秀な代理店を見極める方法

というテーマで、 保険のプロ目線で優秀な代理店を選ぶために見るべきポイント、 などをお話いたします。

次回も楽しみにお待ちください。

>再建築不可物件の建築可能化プログラム

再建築不可物件の建築可能化プログラム

「再建築不可物件」を使った不動産投資は、誰にでもできる簡単な方法でありません。 しかも、「投資」ですから、リスクはそれなりにあります。 それでも、リスクよりもメリットの方が大きいとも言えます。 その理由と、私たちの具体的なサポート内容などをセミナーでご説明いたします。 また、質疑応答の時間も用意しておりますので、ご不明な点はどうぞ遠慮なくお尋ねください。

CTR IMG