賃貸住宅の価値を高める住宅設備とは?

賃貸住宅の価値は様々な要因によって決まります。立地や家賃はとても重要な要素ですが、どのような設備があるかということも重要な要素となっています。

一昔前は人気の住宅設備が、今ではあるのが当たり前となっている設備もあります。競合の賃貸住宅に後れを取らないためにも、不動産経営をする上で人気の住宅設備を知っておくということはとても重要です。

今回は、賃貸住宅の価値を高める住宅設備について解説していきます。この記事を読むことで、どのような設備に需要があるのかということを知ることができます。

需要の高い賃貸物件を見分ける方法については以下の記事をご参考ください。

関連記事

物件の立地は、安定した家賃収入を得るためにとても大切です。 似たような設備や物件でも、利便性の高い物件と低い物件では、家賃や空室のリスクが異なってしまいます。 そのため、賃貸経営をする場合は、マンションを購入するにしろアパートを購入[…]

人が集まる賃貸物件の見分け方は?経営が安定する立地など12の条件

1.入居者を集めるための基本的な設備

1.入居者を集めるための基本的な設備
最初に賃貸住宅を経営する上で、あるのが当たり前となっている基本的な設備を紹介していきます。これがなければ、入居者は不便に感じることも多く、できるだけ導入することが望ましいです。

1-1.独立洗面台

一つ目が、独立洗面台です。独立洗面台は特に女性から人気です。多くの物件で導入されており、無いと不便に感じてしまうでしょう。スペースにゆとりがあると、ドライヤーや歯ブラシなど様々なものを置くことができるので、より便利です。

1-2.洗浄機能付き便座

二つ目が、洗浄機能付き便座です。無いと困るというほどの設備ではありませんが、あると喜ばれる設備です。多くの人に人気の設備なので、導入してもよいでしょう。

1-3.セパレート(シャワー・トイレが別)

三つ目が、シャワーとトイレが別になっているということです。シャワーとトイレが一緒になっていると不便に感じる人も多いです。きれい好きの方は、特にシャワーとトイレが別々になっていることを望むでしょう。コストはかかってしまいますが、入居者を集めるためにはできるだけ導入したい設備です。

1-4.キッチン

四つ目が、ガスコンロです。料理をしたいという場合にガスコンロが無ければ、自分で購入しなければなりません。まったく料理をしないという人は少ないので、必須の設備といえるでしょう。IHのコンロもあり、どちらを選択するかということも重要になります。

1-5. TVモニター付きインターホン

五つ目が、TVモニター付きインターホンです。この設備は女性から人気の設備です。TVモニター付きのインターホンがあれば来客者をモニターで確認できるので安心です。女性の一人暮らしは、特に危険が多いので、安心した暮らしを提供するためにも、できる限り導入をお勧めします。

1-6.備え付け照明

六つ目が、備え付け照明です。備え付け照明も最低限導入しておきたい設備です。メインの照明が無ければ、入居者が自分で用意することになり、負担となってしまいます。そのため、入居者の負担軽減のためにも、導入するといいでしょう。

以上、賃貸住宅経営をする上で基本的な設備を紹介しました。あるのが当たり前と思っている人も多く、無ければ入居者が入らないということも起こりかねません。そのため、資金に余裕があれば積極的に導入しましょう。

2.単身者向け物件におすすめの設備

2.単身者向け物件におすすめの設備
次に単身者の物件におすすめの設備を紹介していきます。大学生や社会人などの単身者とファミリーのニーズは異なる部分もあります。そのため、賃貸住宅経営をする上で、単身者に人気の設備を知っておくことはとても大切です。

2-1.宅配BOX

一つ目が、宅配BOXです。単身者は日中家を空けていることも多く、荷物の受け取りが不便でしょう。そこで、宅配BOXがあれば、手軽に荷物を受け取れ、便利にネットショッピングの受け取りを行うことができます。

単身者に人気の設備となっており、導入することで物件の価値の上昇につながります。

2-2.防犯カメラ

二つ目が、防犯カメラです。一人世帯だと犯罪やトラブルの心配も大きいでしょう。そのため、防犯カメラはとても重要な設備となっています。特に女性に人気の設備で、トラブル防止のためにおすすめです。

2-3.インターネット

三つ目が、無料のインターネットです。この設備はかなり人気の設備で、最近では導入される物件が増えています。ほとんどの人がスマホやパソコンを利用しているため、この設備が無いと物件の価値が下がってしまうこともあります。

自分でインターネット回線を繋ぐとなると手間もかかるので、居住者の負担軽減のためにもできる限り導入することをお勧めします。

2-4.オートロック

四つ目が、オートロックです。オートロックは女性からの支持が多く、人気の設備です。知らない人が自分の部屋に入ってくるというリスクを下げることができ、導入することで防犯性を高めることができます。

最近ではストーカーなどの犯罪も多いので、オートロックがあることで、物件の価値を高めることができます。

2-5.ウォークインクローゼット

五つ目が、ウォークインクローゼットです。この設備は、最近普及してきた設備で、導入することにより、大きい収納スペースを提供することができます。服や靴、カバンなどファッションに関心が多い人は、荷物も多くなりがちです。そのような人に人気の設備です。

2-6.浴室乾燥機

六つ目が、浴室乾燥機です。浴室で洗濯物を乾かすことができれば、部屋で洗濯物を乾かす必要もなくなり、ゆとりのある空間で生活できます。部屋に生乾きの匂いが充満するということも防げるのでかなり便利な設備となっています。

また、防犯の面でも役立ちます。外に干すことで、衣服が盗まれるということもあり、不安を抱える女性も多いです。浴室乾燥機を利用すれば、そのような心配もありません。

2-7.備え付け家具、家電

七つ目が、備え付け家具、家電です。家具や家電は生活する上で必要となりますが、自分ですべてを用意するとなると手間もかかりますし、費用もかかります。そのため、備え付けの家具や家電がある物件は人気が高いです。

2-8.ごみ置き場

八つ目が、24時間利用可能のごみ置き場です。この設備を導入することで、入居者は好きな時間にごみを捨てることが可能になり、より生活の自由度が増します。ライフスタイルは人によって様々なので、需要の高い設備となっています。

以上が単身者に人気の設備です。これらの設備を導入することで、より入居者の需要が高まり、物件の価値が高まることもあるので、よく覚えておきましょう。

3.ファミリーに喜ばれる設備

3.ファミリーに喜ばれる設備
最後にファミリーに喜ばれる設備を紹介していきます。ファミリーに需要の高い設備は、単身者のニーズと異なる部分もあり、注意が必要です。

3-1.追い炊き機能

一つ目が、追い炊き機能です。追い炊き機能がお風呂についていることで、冷めたお湯を簡単に温めることができます。家族でお風呂に入るタイミングが違えばお湯が冷めてしまうことも多いですが、追い炊き機能があれば安心です。

新たにお湯を使うことも無いので、節水にも役立ちます。そのため、ファミリー層に人気が高いです。

3-2.キッチン

二つ目が、システムキッチンです。システムキッチンとは、コンロ、洗い場、作業場が一体となっているキッチンです。掃除がしやすく、見た目もすっきりしているため、女性に人気です。最近では多くの物件に導入されており、需要が多いです。

3-3.セキュリティ

三つ目が、ホームセキュリティーです。防犯センサーを設置し、そこからセキュリティ会社が監視を行ってくれます。防犯だけではなく、火災やガス漏れなどにも対応してくれ、居住者に安心を提供することができます。子供がいる家庭にとくに人気の設備です。

3-4.収納

四つ目が、ウォークインクローゼットです。単身者も荷物が多くなる方もいますが、ファミリーはさらに荷物が多くなりがちです。そのため、大きな収納スペースが必要となることもあるでしょう。ウォークインクローゼットを導入することで、ファミリー層のニーズに応えることができます。

3-5.床暖房

五つ目が、床暖房です。床暖房があれば冬も快適に過ごすことができ、ファミリー層にも需要が高いです。必ず必要な設備というわけではありませんが、あると喜ばれる設備です。資金に余裕があるならば、導入してもよいでしょう。

3-6.太陽光パネル

六つ目が、太陽光パネルです。ファミリー向けの住宅で人気となっています。最近では、自然災害による停電が頻発しているため、太陽光パネルへの注目が高まっています。

災害への備えとなるだけではなく、節電や売電が可能なので、入居者にメリットが大きいです。そのため、高い家賃でも需要を見込むことができます。また、このような太陽光パネルを設備の条件としている家庭は、長期的に住むことを考えている家庭が多く、安定家賃収入を期待できます。

3-7.インターネット

最後に紹介するのが、無料のインターネットです。単身者だけでなく、ファミリー層にも人気の設備です。インターネットは、現在の生活に欠かせない存在となっており、とても需要が高いです。

4.まとめ

アパートの価値を高めるために、需要の高い設備を導入するということは、とても有効です。しかし、需要のない設備を導入することで、導入にかかった費用を無駄にしてしまうこともあります。

そのため、自分の物件にはどのような設備を導入するべきなのかよく考えた上で、設備を導入することが大切です。

設備のリノベーションを含めた空室対策に関する記事は以下をご参考ください。

関連記事

不動産投資には様々な方法がありますが、多くの人は「賃貸経営」からスタートします。賃貸経営の収益源は、入居者が支払う家賃です。当然ながら、空室は赤字につながりますから、大家は早急に手を打たなければなりません。 しかし、残念ながら空室対策に「[…]

現役不動産投資家が教える空室対策!家賃を下げる前にすべき11の施策
>再建築不可物件の建築可能化プログラム

再建築不可物件の建築可能化プログラム

「再建築不可物件」を使った不動産投資は、誰にでもできる簡単な方法でありません。 しかも、「投資」ですから、リスクはそれなりにあります。 それでも、リスクよりもメリットの方が大きいとも言えます。 その理由と、私たちの具体的なサポート内容などをセミナーでご説明いたします。 また、質疑応答の時間も用意しておりますので、ご不明な点はどうぞ遠慮なくお尋ねください。

CTR IMG