不動産投資の勉強方法│本・インターネット・セミナーのどれが良い?

アパート経営やマンション経営は、物件選びや管理を不動産仲介会社や不動産管理会社のサポートを受けながら行えます。

そのため、不動産投資家は不動産投資に関する知識がなくても問題ありませんが、最終決断は本人が下さなくてはならないので失敗を未然に防ぐためにも最低限の基礎知識は身に付けておくことが大切です。

不動産投資の知識を身に付ける方法として、主に本、インターネット、セミナー参加という3つの選択肢があります。

この記事では、各勉強法のメリットとデメリットについて解説します。不動産投資を今から始めるという人は参考にしてください。

不動産投資を本で勉強するメリット・デメリット

本屋さんに行くと株式投資やFX投資、仮想通貨投資などの投資関連のコーナーに不動産投資関連の書物も多く陳列されています。

初心者向けの基本的な知識に関するものもあれば、本格的な土地活用や空き家活用など本の種類はさまざまです。

不動産投資を本で勉強するメリット・デメリットを詳しく説明していきます。

●メリット

本は体系的にまとめられているので、不動産投資初心者でも比較的理解しやすい構成となっているのがポイントです。

通勤時間や休憩時間など自分の好きなタイミングで知識を身に付けられます。

具体的かつ必要な情報が1冊にまとめられているので、一度に多くの知識を得られるのも本の魅力です。

初心者から投資経験が豊富な上級者まで幅広い層に向けた本が発行されているため、自分のレベルに合わせた本を選択できます。

誰が書いたのか、どこから抽出した情報なのかといった情報源・発信元が明確なので、情報の信憑性が高いので安心して取り入れることが可能です。

「本を持ち運ぶのが不便」と考える人もいるかもしれませんが、最近は電子書籍化されているものも多く、スマホやタブレットがあればどこでも本を読めるようになっています。

現役投資家が全記事執筆!お持ちのスマホで簡単に不動産投資の知識を得られるLINE配信を受け取ってみませんか?

●デメリット

本の最も大きなデメリットは購入費用がかかるという点です。

本はページ数が限られており、1冊に不動産投資に必要な全ての情報を盛り込むことはほぼ不可能です。

1冊読むだけでは不動産投資の知識を得るには不十分で、複数の本を買うにはお金が多くかかります。

また、出版されてから年数が経過している本の場合、内容が世情に合っていない可能性があるという点に注意してください。

そのため、新しい本を随時購入して最新情報にアップデートする必要があります。

不動産投資を開始してから本の購入にかかった費用については経費計上できるので多少の節税効果は期待できます。

しかし、経費計上できるといっても無料で本を入手できるわけではないので注意しましょう。

不動産投資をインターネットで勉強するメリット・デメリット

インターネット環境が整備されたことによって、誰でも簡単に情報を入手できるようになりました。

不動産投資に関する情報もインターネット上に数多く存在しているため、不動産投資をインターネットで勉強することも可能です。

不動産投資をインターネットで勉強するメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

●メリット

インターネットに接続できる端末(パソコン、タブレット、スマホ)があれば、時と場所を気にせずに自分の好きなタイミングで勉強できます。

インターネットに掲載されている情報は、一部課金型の有料コンテンツも存在しますが、基本的に無料で閲覧できるため、情報収集にかかるのはネットの接続にかかる実費のみです。

必要なときに必要な情報をピンポイントで取得できるため、効率の良い勉強方法といえるでしょう。

【会員限定記事】LINE登録で不動産投資ノウハウが読める!【無料】

●デメリット

手軽で簡単に情報収集できるのが魅力のインターネットですが、情報の信憑性という点では本と比べると劣ります。

その理由は、発信元や情報源などが明記されていないページも多いためです。

そのため、インターネットで情報収集する際は、不動産会社や有資格者の名前が明記されているかなどの情報の発信元をしっかり確認する必要があります。

また、インターネットで情報を検索した場合に、上位に表示されたページに最新情報が記載されていると思っている人もいるかもしれませんが、最新情報が常に上位に表示されるとは限りません。

検索でよく表示されるページや検索ワードに近い内容が記載されているページが上位表示されているため、古い情報が紛れ込んでいる可能性があるという点に注意が必要です。

表示されたページの内容を鵜呑みにするのではなく、いつ更新された情報なのか必ずチェックしましょう。

不動産投資をセミナーに参加して勉強するメリット・デメリット

不動産投資会社や銀行(金融機関)の中には、不動産投資セミナーを開催しているところもあります。

そのような不動産投資セミナーを受講することによっても、不動産投資に必要な知識を身に付けることが可能です。

不動産投資セミナーに参加して勉強するメリット・デメリットを紹介していきます。

●メリット

不動産投資セミナーはリアルタイムで開催されているものなので、世情に合った情報を取得しやすい点が他の勉強方法とは大きく異なります。

また、本やインターネットの場合には、勉強していて何らかの疑問を抱いても、基本的にその疑問を再度調べることによって解決を図りますが、セミナーは質疑応答があるケースが多く、疑問を解消しやすいです。

不動産会社や不動産コンサルティング会社が開催している場合、関係性を構築することにより一般には公開されていない未公開物件情報が手に入る、投資に関するアドバイスを受けられるケースもあります。

他にも、不動産投資を行う仲間と出会うことにより、仲間内で情報共有を行えば知識を深められます。

NSアセットマネジメントの開催するセミナーでは、自己資金が少ない人でも少額で高い売却益を得て、自己資金を増やしていく投資術を学ぶことが可能です。

まだ一度もセミナーに参加したことがないという人は、一度セミナーに参加してみてはいかがでしょうか?

利回り24%、売却益3000万円が狙える不動産投資法セミナーに完全無料でご参加いただけます。

●デメリット

本やインターネットは自分の都合に合わせて知識を身に付けることができましたが、セミナーは開催日時や開催場所が決まっているため、自分がセミナーの都合に合わせなくてはなりません。

希望するセミナーの開催地が遠い場合には、交通費や滞在費などが発生する可能性もあります。

近年はネットでセミナーを閲覧できるケースも増えており、そのようなセミナーに参加するのも選択肢の1つです。

また、希望していない営業を受ける可能性がある点に注意が必要です。

セミナーに参加する場合には、何かしらの営業がある前提でセミナーに臨みましょう。

不動産投資セミナーは全ての情報を網羅しているというよりも、テーマが絞られているケースが多いです。

網羅的に知識を付けるには、複数回参加する必要があるということも理解しておきましょう。

不動産投資は知識を身に付けることが必要不可欠

不動産投資は収益物件を取得すれば、必ず安定した家賃収入が得られるというわけではありません。

不動産投資には空室によって得られるお金が減少する空室リスク、地震や火災による自然災害リスク、融資やローンを利用した場合の金利上昇リスクなどのさまざまなリスクを伴います。

成功が保証されているわけではないため、物件購入後も不動産投資の仕組みを十分に理解した上で、入居者を確保するための対策を練らなくてはなりません。

他にも各種税金や確定申告などの知識も求められます。

不動産投資に必要な知識を身に付けることが不動産投資の第1ステップといえます。

現役投資家が実体験をもとに得たノウハウを限定記事にて公開中。LINE登録(無料)で読めます。

どの勉強方法にもメリットとデメリットがあるので一概にどれがおすすめとは言い切れません。

自分に合った勉強方法を選びましょう。

 

>再建築不可物件の建築実現プログラムセミナー

再建築不可物件の建築実現プログラムセミナー

「再建築不可物件」を使った不動産投資は、誰にでもできる簡単な方法でありません。 しかも、「投資」ですから、リスクはそれなりにあります。 それでも、リスクよりもメリットの方が大きいとも言えます。 その理由と、私たちの具体的なサポート内容などをセミナーでご説明いたします。 また、質疑応答の時間も用意しておりますので、ご不明な点はどうぞ遠慮なくお尋ねください。

CTR IMG