【ステップ4】「歪み」を取れば狙って売却益が取れるように!

こんにちは、藤山大二郎です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■無料メール講座
不動産投資家向け
「新築戸建を格安で建築して、
短期間で自己資金を獲得する方法」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回のステップ3では、売却益を得た顧客事例を3つご紹介しました。どのケースも完成後3~6ヶ月で、800万円前後の売却益を得ていることが、お分かり頂けたと思いますが、全て、狙って売却益を獲得した事例です。

ではどうすれば、狙って売却益が得られるのか? それが今日のテーマです。

 

――――――――――――――――――――――

■ステップ4:

不動産投資で利益を得るための「歪み」とは?

――――――――――――――――――――――――

狙って売却益を得る為のポイント、「歪み」について解説していきたいと思います。

不動産投資は相対取引のビジネスです。例えば株やFXなら、決まった価格で買ったり、売ったりすることになりますが、不動産は違います。

売主、買主の事情によって、相場より高く買ったり、安く買ったりすることがあります。これが「歪み」です。

不動産投資では、この「歪み」を作ることで、狙って利益を得ることが可能になります。

 

■売却益を得る為には・・・

シンプルに考えると、安く買って、高く売る、と言うことになります。

売却益を得る為には、不動産物件を安く取得して、高く売ることで、売却益が生まれることになります。そのためには、安く買って高く売ることができる、「歪みがとれる物件」であることが重要です。

安く買える物件と聞くと、中古物件を思い浮かべる人も多いかもしれません。しかし、中古物件市場は・・・

初心者が勝ちにくい市場です。

近年不動産投資もメジャーになり、多くの投資家達が参入してきました。転売して売却益が得られるような、美味しい物件は資金力のある人たちが、現金で買っていきます。

つまり、資金力がない初心者が、今から中古物件市場に参入しても、勝つのは容易ではありません。

中古物件市場はこうした理由から、これから不動産投資を始める初心者が、狙うべき市場ではないのです。ではどんな物件を選べばいいのか?

 

■それは、新築物件です。

初心者が今から不動産投資を始めて、着実に利益を出したいと考えるなら、新築物件が断然おすすめです

理由は、新築物件は「歪み」が取れるからです私も新築物件を扱うことで、1年で6000万円の売却益を得ることが出来ました。

お気付きかもしれませんが、前回の顧客事例で紹介した3つの事例も、全て新築物件でした。理由は、新築なら狙って歪みが取れるからです。

なぜ新築物件は歪みが取れるのか?それは、やり方次第で安く建てられるからと言う理由があります。

新築と聞いて、「建売を買えばいいのか」と考えたなら、間違いです。建売では売却益を得ることが出来ません。なぜなら歪みが取れないからです。ではどんな新築物件なら、歪みが取れるのでしょうか?

 

■正解は【土地から探して建てる新築物件】です。

土地から探して建てる新築物件なら、やり方次第で安く建てることが出来ます。例えば建売なら3000万円で購入するような物件を、土地から探して自分で新築を建てれば、2500万円で建てることが可能になります。

安く建てて高く売る、こうした歪みを取ることが出来ることで、狙って売却益が得られるようになるということです。どのようして安く建てるのかについては、後日のステップで詳しくお話しますが、今日は「歪み」について理解しておいて下さい。

 

狙って歪みを取ることで、売却益が取れるようになります。不動産投資は、こうして歪みを狙って売却益を得て行く事で、自己資金を作り、効率的に規模を拡大していくことが可能になります。

「キャッシュフロー100万円!」このような目標があっても、ほとんどの場合どこかで自己資金の壁にぶつかりますが、戦略的に売却を混ぜることで、この壁を越えて効率的に進めることが出来ます

次回は・・・・

―――――――――――――――――――――――――

■ステップ5:

目標の家賃収入を得るには規模拡大が必須!

―――――――――――――――――――――――――

というテーマで、キャッシュフローを増やすために必要な、規模拡大の流れについてお話したいと思います。

規模を拡大していくためには、どんなことが必要なのか。特に会社員の副業として不動産投資を行っている人なら、早い段階でこれらの知識を知っておくことがとても大切です。

次回も楽しみにお待ちください!

>再建築不可物件の建築可能化プログラム

再建築不可物件の建築可能化プログラム

「再建築不可物件」を使った不動産投資は、誰にでもできる簡単な方法でありません。 しかも、「投資」ですから、リスクはそれなりにあります。 それでも、リスクよりもメリットの方が大きいとも言えます。 その理由と、私たちの具体的なサポート内容などをセミナーでご説明いたします。 また、質疑応答の時間も用意しておりますので、ご不明な点はどうぞ遠慮なくお尋ねください。

CTR IMG