【不動産ニュース】7月首都圏住宅価格指数91.29ポイント-日本不動産研究所

首都圏の住宅価格指数は前月比0.56%のマイナス

日本不動産研究所は9月24日、7月の「不動研住宅価格指数」を公表した。

不動研住宅価格指数とは、2000年1月時の既存マンションの価格を100ポイントとした指数である。東京証券取引所が2011年から2014年まで公表していた「東証住宅価格指数」を引き継ぎ、2015年から日本不動産研究所が毎月公表しているもの。

7月の不動研住宅価格指数のうち首都圏の総合値は、91.29ポイントとなった。前月比0.56%のマイナスとなり、再び下落へと転じた。しかし前年比では、0.88%のプラスとなっている。

首都圏の住宅価格指数は前月比0.56%のマイナス

神奈川県・千葉県が2か月連続で上昇

地域別の指数をみると、東京都が前月比1.09%のマイナス、前年比1.52%プラスの100.34ポイント。

神奈川県は前月比0.02%プラス、前年比0.65%マイナスの85.20ポイント。前月比では、2か月連続で上昇している。

千葉県は前月比0.94%プラス、前年比0.43%マイナスの71.01ポイント。こちらも前月比で、2か月連続の上昇となった。

埼玉県は前月比0.57%プラス、前年比1.37%プラスの75.28ポイントとなっている。

画像引用:一般財団法人 日本不動産研究所のプレスリリース

7月首都圏住宅価格指数91.29ポイント-日本不動産研究所
最新情報をチェックしよう!
>再建築不可物件の建築可能化プログラム

再建築不可物件の建築可能化プログラム

「再建築不可物件」を使った不動産投資は、誰にでもできる簡単な方法でありません。 しかも、「投資」ですから、リスクはそれなりにあります。 それでも、リスクよりもメリットの方が大きいとも言えます。 その理由と、私たちの具体的なサポート内容などをセミナーでご説明いたします。 また、質疑応答の時間も用意しておりますので、ご不明な点はどうぞ遠慮なくお尋ねください。

CTR IMG