融資や価格交渉にも!固定資産税評価額を投資に生かす2つのポイント

融資や価格交渉にも!固定資産税評価額を投資に生かす2つのポイント

不動産を所有したり、購入したりする際に一度は「固定資産税評価額」という言葉や、その額を目にすることがあると思います。しかし慣れていない方ですと、

  • どういう基準で算出されるのか?
  • 評価額にはどんな意味があるのか?

などが分かりにくいかと思います。

この「固定資産税評価額」は、一般的には税金の計算に用いられます。しかし、実は不動産投資でも重要な指標となります。よって、投資家はこの点に関してもしっかりと知識を深めておくことが欠かせません。 例えば、指値で取引するためのベースとして使うことで、数十万、数百万円の差になることもあります。ですから、投資家として成功するためは、どういう指標なのかをしっかりと理解しておくことが欠かせません。

そこで、この記事では、

  • 固定資産評価額の計算方法
  • 妥当性をチェックするポイント
  • 不動産投資に活用する方法

を解説いたします。

この記事を読むことによって、固定資産評価額から不動産の価値を把握する方法が理解きるようになるでしょう。また、不動産投資でも活用できることを知り、実際に気になった物件の評価をする際に活用できるでしょう。

続きを読む

不動産投資家必読!銀行融資を左右する団体信用生命保険5つの知識

不動産投資家必読!銀行融資を左右する団体信用生命保険5つの知識

あなたは「団体信用生命保険」、または「団信」という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか?

不動産投資家が銀行から融資を受ける際に、よく団体信用生命保険に加入するように言われます。しかし、団体信用生命保険についてよく知らないと、入るべきかどうかを迷われるかも知れません。あるいは、加入するように言われて、とりあえず加入された方もおられるかと思います。

いずれにしても、団体信用生命保険に入る際にはきちんと内容を理解してから入るべきです。

なぜなら、団体信用生命保険は銀行融資と密接な関係があり、加入が出来ない場合や、加入の仕方によっては銀行融資が下りない可能性があるからです。 また、保険に加入できるかによって融資額にも影響が出てきます。融資を組めないと買い進めることが出来ない不動産投資家にとっては、団体信用生命保険は本当に大事なものです。 そこで、この記事では団体信用生命保険について

  • そもそも、団体信用生命保険とはどのようなものか?
  • 加入することによるメリットやデメリット

などを解説します。

また、団体信用生命保険の種類やよく寄せられる疑問、注意点なども解説していきます。

この記事を読むことによって、どのように融資と絡めて団体信用生命保険を活用していくか理解できるようになるでしょう。その上で、銀行に融資について問い合わせることができます。また、個人で投資をするか、法人で行うかの決定もできるようになるでしょう。

続きを読む

【チェックリスト付】これで完璧!プロが教える土地探しのコツ24個

【チェックリスト付】これで完璧!プロが教える土地探しのコツ24個

土地を探している方の多くは「マイホームを建てるため」という目的をお持ちだと思います。他にもアパートを建てるため、不動産投資用の収益物件を建てるため、そのような目的をお持ちの方だと思います。

しかし土地や建物など、不動産関連の情報は専門的な内容も多く、素人では判断が難しいことだらけだと思います。そのため、土地を購入した後になって「必要以上に高い価格で買わされた」「変な土地を掴まされた」ということが分かることがあります。

マイホームの為、不動産投資の為、目的は違っても土地探しで失敗しないようにするためには正しい知識が必要です。この記事をお読み頂くことで、失敗しない土地探しのポイントが分かり「自分が良いと思った土地が、果たして本当に良い土地なのか?」「本当に不動産屋の言う値段で購入する価値がある土地なのか?」などの疑問も、ある程度判断出来るようになります。要するに、土地探しで騙されたり、失敗したりすることがなくなります。

  • 良い条件の土地かどうかを判断する基準となる考え方
  • それを判断するためのチェックリスト

なども合わせてご紹介いたします。土地探しや購入される際の判断の目安にしてみて下さい。

また、住みながら収益が生まれる「賃貸併用住宅」という選択肢もお伝えします。マイホームのための土地探しをされている方は、賃貸併用住宅という選択肢も踏まえて土地探しをされてみることをご提案いたします。

プロフィールをご覧頂いても分かるように、私は不動産投資家として10棟のアパートを所有し、アパートを建てる際のアドバイスをしている不動産のプロです。マイホームを建てる土地も買うなら、自分たちが住んで終わりではなく、今後その土地を相続することになった人にとって「価値のある土地」を購入すべきです。この記事ではそうした価値のある土地探し、相続後も活用しやすい土地探しのポイントも合わせてお伝えします。

続きを読む

駐車場経営は土地がすべて!収益が上がる土地の4つの条件とは?

駐車場経営は土地がすべて!収益が上がる土地の4つの条件とは?

不動産投資と一口にいっても、収益系の物件だけでなく、駐車場や太陽光など様々なものがあります。その中で「駐車場経営をしたい」とお考えの方には、まず「駐車場経営は本当に簡単に儲かるものなのか」ということをしっかり考えて頂きたいと思います。

例えば、田舎の空き地の土地活用として、相続した土地の有効活用のためと、駐車場経営を選択する人もいると思います。手っ取り早く収益を上げる選択肢と考えがちですが、不動産投資の長期的な視点で考えると「本当に利益を出し続けられるのか」「事業として規模拡大ができそうか」などについても考えてみることが大切です。

この記事では、不動産投資家として10棟のアパートを所有し、不動産投資をお考えの方のアドバイスをさせて頂く不動産投資のプロの視点から「駐車場経営」についての考えをお伝えします。

この記事を読むことで

  • 駐車場経営は本当に儲かるのか
  • 駐車場経営が自分にとってベストな土地活用の選択肢か

などをお分かり頂けると思います。これから駐車場経営を始めてみようかと検討中の方は、駐車場経営以外の有効活用の選択肢も含め、参考にしてみて下さい。

続きを読む

賃貸経営管理士は賃貸経営に役立つ?投資家が実務で必要な知識とは

賃貸経営管理士は賃貸経営に役立つ?投資家が実務で必要な知識とは

不動産関係の資格の一つに、「賃貸経営管理士」というものがあります。

この資格を取得するのは主に、不動産管理会社の従業員などですが、不動産投資家や、物件オーナーが取得することも多くなっています。その背景には、オーナー自身が「管理会社がどのようなことをするのか知っておいたほうが良い」と考えているからでしょう。

私は「賃貸経営管理士」の資格を取ることに関しては、投資家としては必須だとは考えていません。しかし、勉強する価値はあると思います。なぜなら、不動産投資家は「不動産賃貸業の経営者」であり、様々な知識が求められるからです。実際、そうした知識の差が、数十万、数百万円の利益の差になることもあります。

とはいえ、不動産投資家として深く勉強するには、「賃貸経営管理士」の勉強だけでは足りません。投資家として不動産賃貸業を運営するには様々な知識が求められるので、きちんとステップを踏んで勉強をしたほうが効果的です。

そこで当記事では、

  1. 賃貸経営管理士とはどういった資格なのか?
  2. 賃貸経営管理士で学ぶジャンル
  3. 不動産投資家に求められる勉強の範囲

を解説していきます。 そして、どのように勉強をしていけばより「不動産投資家として必要な知識を身につけられるのか?」を解説していきます。

この記事を読めば、不動産投資家として必要な勉強法のステップを学ぶことが出来るでしょう。

続きを読む

シェアハウス投資は危険?失敗する理由&成功するための3ポイント

シェアハウス投資は危険?失敗する理由&成功するための3ポイント

「シェアハウス」と聞くと、近年話題となっている「かぼちゃの馬車」問題などで、「危険な投資」というイメージを持たれている方が少なくないと思います。

しかし実際には、投資のメリットとデメリットをきちんと理解し、リスクを収益に変えることができるのであれば、シェアハウス投資そのものは悪いものではありません。

事実、「かぼちゃの馬車」の問題は、投資家の勉強不足が大きな問題の原因となった一方で、シェアハウス投資で儲かっている人もいます。 しかし、誰でも儲かるか?と言えば、そうでもありません。他の投資同様に、成功するためにはノウハウや知識が必要不可欠です。

そこで当記事では、まずシェアハウス投資とは実際にどんなものかを解説し、メリットやデメリットを挙げていきます。特に、法律上の基準や、銀行の扱いなど、シェアハウス特有の注意点などについてぜひ知っていただきたいと思います。

当記事を読み終わったときに、あなたはシェアハウス投資をするか?しないか?の判断ができるようになるでしょう。

続きを読む

1年半で家賃収入年3000万!会社員リタイアまでの物件購入記

1年半で家賃収入年3000万!会社員リタイアまでの物件購入記

この記事は、貯金ゼロから両親に頭を下げて借りたお金で始めた不動産投資で、1年半後に家賃での年収3000万円になった購入体験記です(貯金ゼロからのスタートは本来非推奨です) 。ちなみに「家賃収入3000万円」は、わかりやすく家賃収入と表示していますが、厳密には家賃収入ではなく家賃収入から経費を差し引いたキャッシュフローの3000万円を意味しています。 つまり利益が3000万円です。

どうやって物件購入していったのですか?」 不動産投資の書籍出版やセミナー開催を通してよく聞かれる質問です。 実際、どんな感じで買っていくのかを知りたい方は非常に多いようです。

もちろん、先人の購入記は「タイミングが良かった」とか「たまたま良い物件が見つかった」というケースも多いので、そのまま同じ事ができるわけではありません。

とはいえ、「良い物件を見つけるためにどんな事をしていたのか?」を含め、先人の実践内容や購入記はこれから不動産投資を始めていく上で、参考になる点も多いでしょう。

そこで、私が20代から不動産投資を始め、1年半後に家賃収入3000万円まで到達した購入記をご紹介致します。 不動産投資を開始してから4年半が経ち、現在は不動産投資だけでなく、複数の会社を経営して年収は2億円を超えておりますが、全てのスタートは不動産投資です。

参考になれば嬉しいです。

続きを読む

築古物件投資の落とし穴、購入する前に検討すべき7つのポイント

築古物件投資の落とし穴、購入する前に検討すべき7つのポイント

不動産投資には様々な投資法がありますが、その中でも「築古物件」への投資は、安く始めることができるから儲るのでは?と考える人が少なくありません。確かにポイントを抑えて購入をしていけば、築古物件は儲る可能性の高い投資先と言えるでしょう。

しかし、きちんとした知識が無いままに購入し、運営すると失敗する可能性もあります。実際、築古物件には「古いことによるリスク」があり、そのままでは住めないことも少なくありません。

そのため、築古物件への投資は、「古い」というリスクをカバーする知識やノウハウが必要になってきます。特にリフォームや、客付けのノウハウも欠かせません。

こうしたノウハウが欠けていると、修理すべき箇所がわからずに、様々なトラブルが起きてひどい目に合うということも実際に起きています。

そこで、この記事では築古物件を購入・運営して行くためのチェックポイントを解説していきます。

この記事で紹介するチェックポイントに沿って購入・運営して行けば、割安な築古物件を10件、あるいは20件見つけることができるでしょう。そして、その候補の中から、将来性のある物件を見分け購入することができるでしょう。

また、リフォームなど、収益を上げるための手を打てるようになるでしょう。加えて、将来的に投資を拡大するための勉強法や、投資の相談ができるメンター探しなどもできるようになります。

続きを読む

【年収・銀行別比較】アパートローンで最大限に融資を引く7つの秘訣

【年収・銀行別比較】アパートローンで最大限に融資を引く7つの秘訣

「アパートローン」について知りたいとお考えの方は、不動産投資の規模を拡大しようと勉強されている人、もしくはこれから不動産投資を始めようと思っていてアパートローンについて勉強しようとしている方だと思います。

アパートローンは不動産投資をする上で、避けて通れない重要な知識の1つです。特に不動産投資を始めるにあたっては「ローンを組む」という壁に当たる人も少なくないはずです。

この記事では、

  • アパートローンの基礎知識
  • アパートローンの審査基準
  • アパートローンについてのよくある疑問
  • 具体的なアパートローン商品

など、アパートローンについての基礎知識と、アパートローンがどのくらい借りられるのかなどが分かる年収別、属性別の目安などもお伝えします。アパートローンは個別性が高く一概に「これだけ借りられる」と言えませんが、目安を知っておけば比較もでき、条件の良いアパートローンを組めるようにもなります。

不動産投資で規模を拡大させていくためには幅広く知識を身に付ける必要があり、アパートローンもその重要な知識の1つです。

プロフィールをご覧頂いても分かるように、私は不動産投資家として10棟以上のアパートを所有し、沢山の方にアパートを建てる際のアドバイスをしています。不動産を扱うプロだからこそ分かるアパートローンの基礎知識や注意点をお伝えしますのでぜひ参考にしてみてください。

続きを読む

安いだけじゃダメ!戸建て投資を始める前に考えるべき5つのポイント

安いだけじゃダメ!戸建て投資を始める前に考えるべき5つのポイント

不動産投資には様々な投資法がありますが、その中でも比較的低リスクで始められるのが、「戸建て物件」への投資です。

戸建ては500万以下の中古物件が売り出されることもあるため、ローンを組まずに購入できるなど様々なメリットがあります。しかし、デメリットもありますので、人によって向き・不向きのある投資法です。

ですから、まずはあなたが戸建て投資を始めるべきか、あるいはそもそも戸建て投資が向いているかどうかを客観的に判断できる材料が必要となります。

そのためにも、戸建て投資のメリットだけでなく、デメリットをしっかりと把握していただく必要があるでしょう。そこで当記事では、戸建て投資のメリット・デメリットを包み隠さずお伝えします。その上で、判断の助けとなるフローチャートを用意いたしました。

当記事では上記の点も含め、戸建て投資に関する以下の情報をお伝えいたします。

  1. 戸建て投資のメリットとデメリット。
  2. あなたに戸建て投資が向いているか判断できるフローチャート。
  3. 戸建て投資のスタイルや、利益を最大化するための方法。
  4. 公開情報以外で格安物件を探す方法。

この記事をお読みいただければ、あなたは中長期的にニーズにあるエリアを見分け、そこで中古の戸建て物件を探すことができるようになります。また、割安な戸建て物件を探して購入し、投資を始めることができます。加えて、中古戸建物件への投資で成功し、収益を上げ続けることもできるでしょう。

続きを読む