「節税」で損をする!?成功する不動産投資家が無駄な節税はしない理由

「節税」で損をする!?成功する不動産投資家が無駄な節税はしない理由

不動産投資をしている人は、年齢や環境などは様々。もう少し副収入があれば、老後の資金を稼ぎたい、何となく儲かりそうだから、始める理由も様々だと思います。 中には、相続税対策のアパートを引き継ぐことになり「節税対策になるから」とアパート経営をしている人もいると思います。

不動産投資を始める理由はこのように様々ですが、共通するのは「損はしたくない、少しでも多くのお金を残したい」という想いです。不動産投資をするなら出来るだけお金を稼ぎたいと思うのは当然のことですが、一方で初「思ったより稼げない」と感じている方も多いはずです。

空室はないのに税金を払ったら手元にお金が残らない、トラブルで出費も多く手元に残らない、表面的にはお金が入っているように思えても、手元に残るお金が少ないことがそのように感じる理由だと思います。

手元にお金を多く残すためにはどうすればいいのか。すぐに出来ることが「節税」です。すでに節税を意識し対策している人もいると思いますが、正しい節税対策が出来ている人は実は多くないのです。本来の目的を見失い、結果として手元に残るお金を減らしてしまうケースも珍しくありません。

不動産投資の目的は「利益を増やし、手元に多くのお金を残すこと」です。節税はその1つの方法に過ぎないわけで、手元に利益を残すためには「節税にこだわらない考え方」が必要になることも知っておかなくてなりません。
とは言え、すぐに出来る節税対策はしておくにこしたことはありません。

そこでこの記事では「今すぐにできる節税対策」に加えて、

  • なぜ、不動産投資が節税になると言われているのか
  • それは本当に節税になっているのか?
  • 節税にこだわりすぎると損をする理由
  • 節税ではない、手元にお金を多く残す方法

正しい節税の知識と、お金を手元に多くの残す考え方についてお伝えします。

私は現在10棟のアパートを所有し、不動産投資に関するアドバイスなどもさせて頂いています。(⇒詳しいプロフィールはこちらから)自分自身が実践してきたことや、多くの不動産投資家を見てきた経験から、「不動産投資で稼ぐ、手元に多くのお金を残す」という本来の目的を達成するための方法をお伝えします。

続きを読む

すぐ実践!買取か投資か?土地に合う方法で損をしない不動産活用術

すぐ実践!買取か投資か?土地に合う方法で損をしない不動産活用術

この記事をお読み頂いているのは「自分や家族が所有している不動産を買い取ってもらいたい」とお考えの方だと思います。必要性がなくなった、お金が必要になりやむなく売却を考えている、理由は様々だと思いますが、不動産を買い取ってもらう上で出てくる、土地、賃貸アパート、分譲マンション等々の金額とは素人にはわかりづらいものです。

不動産の価格は、場所、土地の状況、景気、需要と供給バランス、など多くのことが影響して価値が決まりそこから価格が決まるからです。所有している不動産を買い取ってもらおうと思っても、提示された価格が適正かどうかは判断が難しく、適正価格なのか手順が正しかったのかすら分からないまま売ってしまい、損をしていることにすら気が付かないケースも珍しくありません。

特に相続の関係で売却を考える人は、税金がかかる前には早く売ってしまおうと焦り、安く買い叩かれてしまうこともあるわけです。

不動産は正しい手順で売りさえすれば、適正価格で売ることができます。さらに土地を上手く使えば、売却するよりも多くのお金を生みだすこともできます。そこでこの記事では、買取を依頼する前に知っておくべき知識を解説として、

  • 土地買取(売却)方法の種類とそれぞれのメリットとデメリット
  • 土地を買い取ってもらうのに最適なタイミング
  • 買取を依頼した業者に不動産の査定額に関する根拠を聞く
  • 買取を依頼した業者が信頼できるかどうか調べる
  • 売る場所の相場を知る

上記の内容をお伝えしていきます。正しく売却する方法についてはもちろん、騙されたり損をしないための判断材料などもお伝えします。

また、土地は「売る」より「活かす」ことで多くのお金を手に入れることも出来ますので、

  • 土地活用方法の種類
  • 不動産投資という選択肢と仕組み
  • 儲かるアパートの建て方と流れ

についてもお伝えします。

プロフィールを見ていただいても分かるように、私は不動産投資家として10棟のアパートを所有し、多くの方にアパートを建てるための情報や知識のアドバイスもしています。不動産を扱うプロだからこそ知っている知識や情報を交えて、土地の買取で損をしないために、必要な知識と、売却以外の活用法についてお伝えします。

続きを読む

現役不動産投資家が教える!不動産投資で不可欠な4ジャンルと必読本

現役不動産投資家が教える!不動産投資で不可欠な4ジャンルと必読本

不動産投資を勉強する上でる上で、大抵は本を読んで知識を身に着けます。私も投資の勉強は、まず本を読むことから始めました。

しかしながら、数ある不動産投資の本の中で、「どれを読んだら良いのか分からない」方も少なくありません。実際、私も「お勧めの本はありますか?」と聞かれることが増えています。

また、一般的に勧められている本以外にも、「実はもっと読むべき本があるのではないか?」という疑問を持たれる方もいると思います。

そこで今回は、不動産投資を勉強する上で、ぜひ読んでほしい本をジャンルごとにお伝えいたします。特に投資家として成功する上で、一般的にはあまり人気のないジャンルであってもぜひ読んで欲しい本もご紹介いたします。

私自身、不動産投資を勉強する上で、パラ読みも含めて300冊の本を読みました。その経験に基づいてご紹介しますので、あなたが知識を深める上で必ず役に立つでしょう。

また、ジャンルごとにご紹介しますので、ご紹介した本以外にも、読むべき本を見つける上で役立てていただけると思います。

当記事ではまず、投資家として成功する上で欠かせない4ジャンルの知識をお伝えいたします。その上で、ジャンルごとのお勧めの本をご紹介いたします。

また4ジャンル以外に、投資の規模を大きくしていきたい方が身に着けておくべき知識と、その上で読んでいただきたい本をご紹介いたします。

加えて、本の内容が本当かどうか見抜けるようになる本の読み方や、その大切さもお伝えしたいと思います。

当記事をお読みいただければ、早速お勧めの本をネットなどで購入することができます。また、お勧め以外の他の本を見つけて、購入していただけるようになります。加えて、投資への興味やモチベーションが高まり、もっと勉強したい、知識を深めたいという意欲につながっていくでしょう。

続きを読む

これだけやればOK!不動産投資3ステップ勉強法&高レベル勉強法

これだけやればOK!不動産投資3ステップ勉強法&高レベル勉強法

不動産投資に興味を持ち、これから勉強を始めようと思ったものの、以下の点について悩まれることがあると思います。

  • 投資を始める上で、何をどのような順番で勉強すれば良いのか分からない。
  • 本、教材、ブログ、セミナーなどたくさんあって、どれを選べば良いのか分からない。
  • 勉強すれば投資を始められるのか、勉強量の目安が分からない。

そこで、当記事では「これだけ勉強すれば投資をスタートできる!」という勉強の手順や、量をステップごとに解説していきます。全く勉強したことが無い人は最初からスタートすれば良いですし、既に基礎的な知識を身に着けている人は途中のステップから始めることができます。

この方法は投資経験者である私が、実際に良いと感じている方法に基づいています。私も同じようなステップで勉強したことで、スムーズに投資を進めることができました。

この記事では、まず不動産投資を始める上での勉強の手順や、勉強量の目安を3ステップで解説していきます。

更に、億単位の投資を考えている方や、最低限の時間で投資目標に到達したい方のために、付加的なレベルアップ勉強方法もお伝えいたします。

この記事をお読みいただければ、これから本格的な勉強を始め、投資へのモチベーションを高めることができるでしょう。

また既に勉強を始めている方も、次に何をどのように勉強したら良いのかが分かり、次のステップに踏み出せるようになることでしょう。

続きを読む

サブリースのここに気をつけろ!契約するべきかどうか見分ける5つのポイント

サブリースのここに気をつけろ!契約するべきかどうか見分ける5つのポイント

不動産投資を始め、物件購入を始めて購入しようと考えている方や、賃貸経営を始めようと考えている方の中には「サブリース」を勧められ、検討されている方もいらっしゃると思います。

サブリースを売り込む業者や営業マンは「家賃保証」「一括借り上げ」と言ったメリット面を伝えながら売り込んでくると思いますが、そこにはデメリットがあることも知っておかなくてはいけません。実際サブリースはテレビなども取りあげられ話題になることも多く、その背景にはトラブルが多い実情が見え隠れします。

不動産投資家として活動している私の目線でお話しますと、世の中のサブリース契約の9割は迂闊に契約してはいけない気付けるべきものばかりと考えています。オーナー側にとってメリットのあるケースは全体の1割程度しかないわけですが、少ないながらもサブリース契約がメリットになることもあります。

大切なのは、サブリースがどんなものかを知識として知っておき、その本質を理解した上で利用するべきかどうかを判断することです。

この記事では、

  • サブリースの仕組みについて
  • 気をつけるべき営業トーク事例
  • サブリースを組むとメリットがある人
  • サブリース契約で失敗する人の共通点
  • サブリース契約をする前に気をつけるべきこと

など5つのポイントからサブリースの本質を理解することができます。

この記事を最後までお読みいただくことで、サブリースの本質が理解できるようになり、あなたが利用するべきかどうかが判断できるようになります。もし結ぶ場合にはどこに注意すべきか、賃貸経営で失敗しない為に大事なポイントにまで分かるようになります。

続きを読む

【かぼちゃの馬車】高属性サラリーマンが騙された手口と3つの防止法

【かぼちゃの馬車】高属性サラリーマンが騙された手口と3つの防止法

スマートデイズ(旧スマートライフ)社が運営する「かぼちゃの馬車」という不動産投資シェアハウスが事実上破綻状態となり、それによって様々な問題が浮き彫りになりました。

ニュースでも連日報道されその概要をご存知の方も多いと思いますが、スマートデイズ社の運営方法のみならず、融資を行っていたスルガ銀行の融資方法にも問題があることなど様々な問題が明るみになっています。

被害にあった投資家たちは集団訴訟を起こすなど大きな問題となっており、不動産業界、不動産投資家にとっても他人事ではない問題であると考えられます。 また、ゴールデンシェアハウス社やサクト インベストメント パートナーズ社など同様の不動産投資シェアハウスで被害に遭われている方もいらっしゃいます。

かぼちゃの馬車に投資をした人の多くは、高収入、高学歴の高属性のサラリーマンでした。不動産投資初心者が狙われた側面があるわけですが、元を辿るとそもそもビジネスモデル自体成り立たないものであり懸念材料も沢山あったにもかからず大きな問題になった背景には「初心者ゆえの勉強不足」があったことが一番の理由だと言えます。

あなたが不動産投資を事業として行い、このような不動産投資トラブルに巻き込まれないようにするためには不動産投資で失敗しないためのポイントを正しく理解しておく必要があります。

そこでこの記事では

  • 「かぼちゃの馬車」の概要
  • 問題点と多くの初心者オーナーが騙された手口
  • どうすれば防げたのか「不動産投資で失敗しないための3つのポイント」

について解説いたします。

この記事をお読み頂ければ、かぼちゃの馬車やゴールデンシェアハウス社やサクト インベストメント パートナーズ社のような不動産投資トラブルに巻き込まれたり、騙されたりすることがなくなることでしょう。

続きを読む

【要注意】新築ワンルームマンションに投資してはならない5つの理由

【要注意】新築ワンルームマンションに投資してはならない5つの理由

あなたや、あなたの家族や知人などに、不動産業者から「ワンルームに投資してみませんか?」といった売り込みがあるかも知れません。

殆どの売り込みは「新築のワンルームマンション」への投資です。そして、以下のようなセールストークで売り込んできます。

  • 節税になる
  • 生命保険代わりや、年金の足しになる
  • 長期の家賃保証で安心

しかし、業者のセールストークは実際のところ、投資家にとって非常に不利な内容であり、結局は投資に失敗してしまうことが殆どです。ですから新築ワンルームマンションへの投資は手を出すべきではありません

ところが、そこを業者は言葉巧みに売り込んできます。そこで、セールストークに負けないようにするためにも、新築ワンルームマンションが失敗する具体的な理由をきちんと理解しましょう

また、新築ワンルームへの投資が失敗する具体的な理由を理解できれば、どういった投資なら失敗しないか?などの知識や、自分なりの判断基準を持てるようになります。そうすれば、あなたに合った代替の投資先を見つけやすくなるでしょう。

上記に示す方法は、私が業者から新築ワンルームへの投資を勧められた経験を始め、他の投資家からいただいく相談、不動産業界の中で見聞きしている情報に基づいています。また、私自身が実際に成功している投資経験や知識にも基づいています。

そこで当記事では、

  • 1.新築ワンルームマンションへの投資の実態
  • 2.業者の言う「メリット」は実は「デメリット」になる理由
  • 3.新築ワンルームへの投資が儲からない具体例
  • 4.新築ワンルームに代わる別の投資先の提案

についてお伝えいたします。

当記事をお読みいただければ、新築ワンルーム投資の問題点を把握し、業者のセールストークを冷静に判断できるようになるでしょう。また新築ワンルーム以外の、自分に合った投資法が明確になり、始めるかどうかの判断ができるようになるでしょう。

続きを読む

即実践!誰も教えてくれなかった、サラリーマン大家で稼ぐ7つの秘訣

即実践!誰も教えてくれなかった、サラリーマン大家で稼ぐ7つの秘訣

サラリーマン大家とはサラリーマンとして会社勤めをしながら、大家もしている人のことです。つまり、本業がサラリーマン、副業が大家さんですね。

私も今は不動産投資だけで生活していますが、昔は会社勤めのサラリーマンでした。サラリーマン時代に自己資金がほぼない状態で不動産投資を始め、大家になりました。詳しくは私のプロフィールを見ていただければ分かると思いますが、元サラリーマンだった私は現在10棟のアパートを所有しています。

これから読んでいただく記事は、他の記事では書かれていない、私が実際にサラリーマンと不動産投資家という二足の草鞋を履いていた経験、また、今もサラリーマン大家の方の相談を受け助ける活動をしている「サラリーマン大家のプロ」だからこそ伝えられる実践的な内容です。

サラリーマン大家は副業とはいえ、れっきとした事業ですので、失敗すれば損をします。不動産投資はサラリーマンの方の副業としては最適ですが、それは「副業」だからといって物件を購入してただ放っておいても良い、労力を使わなくてもお金が生まれるという意味ではありません。この記事を読むことで

  • サラリーマン大家と不動産投資家を両立するための心構えや私の経験から学んだこと
  • サラリーマン大家を始めると出てくる細かな疑問
  • 私が実際にサラリーマン大家をやっていた時のスケジュール
  • サラリーマン大家になるためのステップ
  • サラリーマン大家として必要な知識などはどこで学ぶか

が分かります。

これからサラリーマン大家を始めようと思っている方も既にサラリーマン大家として活動されている方にも有益な情報です。自分が今までやっていなかったこと、今自分がやれることも分かるでしょう。

そして、更に付け加えるとするならば、不動産投資は本業にすることも可能です。今は本業の収入より少ない、小さな副収入だったとしても正しい知識と方法を知るだけで、大きく成長させていくことが可能なのです。

  • サラリーマン大家の不動産投資家としての心構えや考え方

もお伝えいたしますので、今は不動産投資を副業としてしか見ていなくても、大きな成功をつかむ可能性の高い将来性のある副業だということも分かっていただければと思います。

続きを読む

「大家=不動産賃貸業」個人と法人11の違いと4つのポイント

「大家=不動産賃貸業」個人と法人11の違いと4つのポイント

この記事を読んでいる方は、

  • 実際に大家としてアパート経営をしていて、不動産賃貸業と大家の違いが気になる
  • ただの大家としてではなく不動産賃貸業として規模を広げていき安定した状態を作りたい
  • 不動産賃貸業という事業のことが知りたい
  • 何か投資をしたいが漠然と不動産関係が儲かりそうだから調べてみた

など、他にも理由はあるかもしれませんが、いずれも不動産賃貸業に興味を持っているという点では共通していると思います。

不動産賃貸業はいわゆる大家業のことですが、実はこの不動産賃貸業には個人事業主と法人があります。個人事業主と法人だと何が違うのでしょうか?

この記事では不動産賃貸業を個人事業主で運営する場合と法人化した場合の違いを中心に、法人化までのステップ、法人化のタイミングなどの情報も合わせてお伝えします。

私自身、不動産賃貸業で生計を立てていますが(私のプロフィールはこちらをご覧ください)、もちろん法人化しています。そして、不動産賃貸業で長期的な安定した収入が欲しい、収益を拡大させたいと思う方には早めに法人化させることをお勧めしています。 なぜ、私が法人化を勧めるのか、なぜ早めがいいのかはこの記事を読んでいただければわかります。

この記事を読むことで、

  • 自分のやっている不動産賃貸業を法人化させるべきかどうか
  • どのタイミングで不動産賃貸業を法人化すれば良いのか
  • 法人化のために何が必要なのか
  • 不動産賃貸業を法人化する上での注意点
  • 不動産賃貸業を拡大し成功させるためのポイント

を知ることができます。

また状況別にステップを書いていますので、自分の状況に合わせて法人化した方が良いのかを判断していただければと思います。

続きを読む

【図解】建蔽率の基本&建蔽率オーバー物件を適法にする2つの対策

【図解】建蔽率の基本&建蔽率オーバー物件を適法にする2つの対策

不動産投資を勉強すると、必ず「建蔽率(建ぺい率)」という用語が登場します。

また、関連して「容積率」という用語も登場します。両者とも不動産投資をする上で、基本的かつ重要な知識となります。

これらをよく理解しないまま投資を進めると、十分な収益が得られない、あるいは「違反物件」を掴まされてしまうなど、投資に失敗するリスクが高まります。 不動産投資を成功させる上で、基本的な知識はとても重要です。

ですから、投資が行き詰まるという事態を防ぐ上でも、建蔽率や容積率について「何となく」ではなく、「しっかり」と理解しておく必要があるでしょう。

また、建蔽率や容積率はエリアによって変わってきます。よって、そのエリアの建蔽率・容積率を把握し、そのエリアに合った投資を考えていく上でも、正しい知識を身に着けることが欠かせません。 加えて、本来は避けたい事態ではりますが、万が一建蔽率・容積率がオーバーしている物件を買ってしまっても、状況によっては知識でカバーできることもあります。

そこで当記事では、まずこれから投資を始めたいという方のために、「建蔽率」の基本と、「容積率」との関係といった基礎的な知識をお伝えいたします。その上で、投資を考えているエリアの建蔽率・容積率の調べる方法や、投資する上での理想の「建蔽率・容積率の基準」といったものがあるかどうか?についてもお伝えいたします。

また、既に建蔽率・容積率オーバーの、「違反物件」と思われる物件を買ってしまった場合の対処方法についてもお伝えいたします。場合によっては、そのような物件でも「適法」にすることで、売却などのその後の処理がスムーズに行えるようになる可能性があります。

もちろん、この方法は絶対ではありませんが、更地にするなど他の選択肢を考える前に検討する価値はあると思います。

当記事をお読みいただければ、建蔽率や容積率の基礎について、法律的な観点を含めた理解を深めることができるでしょう。また、理解できた知識に基づき、投資物件の購入を検討する際に「建蔽率・容積率」の判断を、不安なく行えるようになるでしょう。

加えて、既に建蔽率・容積率オーバーの物件を所有されている方でも、どのようにリカバリーできるか、法律に基づく適切な方法を見出していいただけます。

続きを読む