一種単価とレンダブル比の活用で損をしない土地を見抜く4つのポイント

一種単価とレンダブル比の活用で損をしない土地を見抜く4つのポイント

一種単価とは土地の一つの指標になりますが、不動産投資をしている人や不動産業者の人でも知らない人、あまり理解していない人が多い言葉の1つでもあります。

一種単価を知っていれば、その土地の収益性を具体的な数字で見て推測することができますので、土地購入の金額の目安が出しやすくなります。

特に、不動産投資で土地から探して建築するような投資においては、「必ず知っておくべき」というレベルになります。 新築アパートや賃貸併用住宅などを土地から探して建てる場合などは、普通の戸建てよりも大きめのアパート用地を探すことになり、キモとなる土地探しの際には一種単価を使用した計算をして、土地を購入するかを判断する目安にした方が良いからです。

中古物件の投資などの場合には、あまり触れる機会もないかもしれませんが、不動産投資をしていく上では知っておいた方が良いでしょう。また、不動産投資の収益性の指標として、合わせて知っておきたいレンダブル比についても説明しています。

一種単価とレンダブル比は不動産投資をしていく上では「知っておくべき」知識の一つですのでぜひ覚えておきましょう。この記事では

  1. 一種単価とは
  2. 一種単価の計算に必要な項目の説明
  3. 一種単価計算方法
  4. レンダブル比の計算

を記載し、より分かりやすく一種単価について解説致します。

そして、更に一種単価とレンダブル比を使った土地の検証のプロセスについてもお伝えします。どのように一種単価を使用し、土地の価値を算定していくのかをお話します。自分でもきちんと出せるようになることで、不動産投資や土地に対する理解がより深まることでしょう。

プロフィールをご覧頂けると分かりますが、私は不動産投資家として10棟のアパートを所有しています。また、不動産投資家の方々にアドバイスもさせていただいております。その経験と知識を踏まえて、一種単価についての正しく使える情報をお伝えしていきます。

続きを読む

儲かるかは物件と融資で決まる!成功する不動産投資の6つのポイント

儲かるかは物件と融資で決まる!成功する不動産投資の6つのポイント

不動産投資で成功するためには、良い物件を購入することが不可欠です。そのため、多くの投資家は良い物件をなんとか見つけようと物件情報を調べ回ります。

しかし、そうやって苦労して見つけた物件を購入しても、実際に運営をしてみると「全く儲からない」「むしろ赤字だ」という投資家は少なくありません。このように、儲かる物件を探すのは意外と難しいのが不動産投資の現実です。

では、物件選びで失敗する大きな原因は何でしょうか? それは、そもそも「儲かる物件」の条件や探し方や見分け方を知らないことにあります。ですから、投資家はまず、こうした知識をしっかり身に着けておく必要があります。

しかし、いくら儲かる物件が見つかっても、買えなくては意味がありません。特に投資規模を拡大するためには、銀行から融資を引くことが不可欠です。ところが、多くの投資家が「自分がどれぐらい融資を引き出せるか?」「どの銀行が融資してくれるか?」といった点を事前に把握していません。こうした点も、投資が失敗する原因となっています。

こうした背景から、物件を購入する前に銀行融資から逆算し、計画的に投資していく方法を私はおすすめしています。実際、私自身もこの方法を実施することで、儲かる物件を見つけたときに必ず購入できるようになっています。

そこでこの記事では・・・

  • ・物件探しの前に銀行開拓を行うべき理由。
  • ・どのように銀行開拓を行うか、具体的な方法。
  • ・公開情報から物件を探し、見つけてから買い付けまでの具体的な行動ステップ。

についてお伝えいたします。

また大家として物件を運用する上で最低限知っておかなくてはいけない物件のリスク、最終的に物件を売却したい場合、どのような売却方法があるのかなどについてもお知らせします。 当記事をお読みいただければ、一般公開物件から投資できそうな物件を探して見つけられます。また、現地で何をチェックすべきかのポイントが分かります。

同時に銀行開拓も行い、買いたい物件を見つけたら即融資を引きだせるようになります。 加えて、物件を購入に向けて具体的な商談を始めるに当たり、どんな業者なら信頼できるのか?の見分け方が分かるようになるでしょう。

不動産投資にはリスクがつきものです。そこで、どんなリスクがあるのか、またどのようにリスクをカバーしていけるかが分かるでしょう。 加えて、あなたが既に物件を持っている場合、できるだけ高く売る方法がわかるでしょう。

続きを読む

家賃滞納を未然に防ぐ方法&実際に起きた時のケース別対処法の4知識

家賃滞納を未然に防ぐ方法&実際に起きた時のケース別対処法の4知識

「家賃滞納」は不動産物件を所有する大家さんの頭を悩ませるトラブルの1つです。客付けの時点で入居者が家賃を滞納するかどうかは分からないため、未然に防ぐことは難しいかもしれません。だからこそ大切なのが、家賃滞納が起きた時にどう対処するか、適切な対処法を知っておくことです。

そこでこの記事では、

  • なぜ家賃滞納が起こるのか、その理由
  • 支払う気がある人、無い人、それぞれへの対処法
  • いざ起きてから慌てないようにするために備えること

家賃滞納の基礎知識や、起こってしまった時の対処法についてお伝えします。

私は10棟の不動産物件を所有している現役の不動産投資家であり、不動産投資を始める方へのサポートやアドバイスなどを行うコンサルティング業も行っています。これまでに数多くの不動産を扱ってきた経験から、「こんな時はこう対処すればいい」「こんな物件は気を付けて置いた方がいい」という、実践的な対処法についてもお伝えします。

家賃滞納は事前に防ぐことは難しくても、適切な対処法や「そもそもこんな物件はトラブルに発展しやすい」という物件の見極め方をお伝えします。最後までお読み頂くことで、家賃滞納トラブルをある程度回避できるようになるはずです。参考にしてみて下さい。

続きを読む

融資にも影響!投資家が知っておくべき建物の耐用年数5つのポイント

融資にも影響!投資家が知っておくべき建物の耐用年数5つのポイント

建物の耐用年数は、不動産投資家にとって必要な知識であり、理解しておくべき数字の一つです。建物の耐用年数と言えば「減価償却の計算に使用する数字」というイメージを持つ人が多いかもしれませんが、それ以外にも不動産投資の様々なシチュエーションで関わってくる数字の1つです。

そこでこの記事では、耐用年数に対する基礎知識をお伝えしていきます。

  • 1.そもそも耐用年数とはどうやって決められているのか
  • 2.減価償却時の計算方法
  • 3.銀行の融資で必要な耐用年数
  • 4.建て替え、立て直しの基準として
  • 5.耐用年数をオーバーしたら融資はどうなるのか

この記事をお読み頂くことで、耐用年数とはそもそもどんな時に必要で、どのようにして決められているのか、などの耐用年数に関する基礎知識が身に付き、自分自身で必要な計算が出来るようになります。

私は10棟の不動産物件を所有する現役不動産投資家であり、不動産投資を始める人たちのアドバイスやサポートを行うコンサルタントとしても活動しています。不動産投資のプロの視点から、耐用年数をどのように見て、融資の際にはどう考えていくのかなども合わせて解説していきたいと思います

続きを読む

読めば理解!法律や権利が複雑な底地売買の注意点と活用の仕方を解説

読めば理解!法律や権利が複雑な底地売買の注意点と活用の仕方を解説

一般的な土地や不動産の売却と比べて、底地は様々な権利が絡むため難しく、扱いづらく敬遠されがちです。そのようなことから、底地に関する専門知識を持つ人は少ないため、知識を持ち正しく扱うことができれば投資に活用することも出来るようになります。

なぜなら、底地や借地の知識を持てば、不動産の権利に対して適切な行動を取れるようになるからです。そして、正しい知識や権利の仕組みを知れば、どうすれば得するのかを主体的に考え行動出来るようにもなるからです。

そこで、この記事では分かりにくく扱いづらいと敬遠されがちな「底地」の基礎知識を解説いたします。さらに、地主、借り主、不動産投資家、それぞれの立場から見た底地のメリット・デメリットについてもお伝えしながら、売却方法や土地活用の方法なども解説していきます。

私は不動産投資家として10棟のアパートを所有しながら、不動産投資を始める方のアドバイスなどもさせて頂いています。この記事では、不動産投資のプロの視点から見た、底地の基礎知識と、不動産投資に底地を活用するためのポイントを知ることが出来ます。

続きを読む

再建築不可物件は投資に不向き?購入時の注意点と収益化3つの秘訣

再建築不可物件は投資に不向き?購入時の注意点と収益化3つの秘訣

相続などの関係で再建築不可物件を所有している人、もしくは購入を検討している人は、再建築不可物件を「どう活用するのか」は大きな問題です。なぜなら、再建築不可物件は、建物を取り壊したり、建て替えたりすることが出来ないからです。

この記事では、再建築不可物件を「収益を生む投資物件」に生まれ変わらせるために必要な知識や情報をお伝えしていきます。

  • ・基礎知識とメリットデメリット
  • ・再建築不可物件の探し方と購入のポイント
  • ・再建築不可物件を購入した際の具体的な活用方法

など、上手く活用していくために必要な基礎知識を解説しながら、不動産投資にどう活用していくのか、その方法についてもお伝えしていきます。

私は10棟の不動産物件を所有する現役不動産投資家であり、不動産投資を始める人へのアドバイス、サポートを行うコンサルタントとしても活動しています。不動産投資のプロとしての知識と経験から「結局のところ再建築不可物件は利益を生むのか?」についての私なりの回答もお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

【融資から逆算せよ】不動産利回り相場の落とし穴と儲かる2つの条件

【融資から逆算せよ】不動産利回り相場の落とし穴と儲かる2つの条件

不動産投資を勉強すると、「利回り」という言葉が出てきます。「利回り」とは、簡単に言えば「投資した額に対する家賃収入の割合」となります。つまり、利回りが高いほど良い投資をしていると考えるかもしれません。

しかし、「利回りが何%なら良いのか?」、「そのエリアの利回り相場を上回っていれば確実に儲かるのか?」といった疑問を持たれるかも知れません。

結論から申しますと、投資は利回りではなく「キャッシュフロー(手元に現金が残るかどうか)」を基準に進めるべきです。なぜなら、利回りが相場より上であってもキャッシュフローが残らないため、買うべきではない物件があるからです。

また、不動産投資ではローンの返済が毎月の大きな「固定支出」となります。加えて、保険や税金などの支払いもあります。よって、利回りがいくら高くても、支払いが多ければキャッシュフローは残らないからです。

そこで当記事では、物件や家賃の相場を調べる方法をお伝えします。物件や家賃の相場が全てではありませんが、本当にキャッシュフローが出るかどうかを調べる上で、両者の相場を調べることが基礎となるからです。

加えて、投資で成功するためには、物件の見極めだけでなく、どの銀行からどれだけの融資を引けるのかを調べた上で、投資計画を組み立てていくことが欠かせません。その方法もお伝えいたします。

当記事をお読みいただければ、利回りだけを見て投資を進めるのではなく、キャッシュフローも含めた、トータルでの利回りから投資判断ができるようになるでしょう。

続きを読む

太陽光発電投資は今でも儲かる?投資家目線でのメリット・デメリット

太陽光発電投資は今でも儲かる?投資家目線でのメリット・デメリット

次世代のエネルギー、エコなエネルギーとして、再生可能エネルギーの注目が高まり、太陽光発電投資を始める人が増えています。

この記事をお読み頂いているあなたも、そんな太陽光発電に興味をお持ちの方だと思いますが、気になるのは「太陽光発電投資は投資としてどうなのか?」ということだと思います。投資として始めたとして、利益が出せるのかどうかは一番気になるところだと思います。

太陽光発電投資は、自宅の屋根に設置できたり、補助金が使えたりすることから、余っている土地を手軽に有効活用出来る1つの選択肢です。しかし実際に始めるとなると、何から始めればよいか分からない人が多いはずです。

そこでこの記事では「太陽光発電投資」を始める際に、必要となる基礎知識をお話していきたいと思います。

  • ・メリット、デメリット
  • ・太陽光発電の種類
  • ・太陽光発電設備の設置の流れ
  • ・太陽光発電システムのメーカー
  • ・設置費用

など、投資として始める上で基礎的な知識、情報を解説していきながら、最も気になる「投資として儲かるのか?」という疑問についてもお答えしていきたいと思います。最後までお読み頂くことで、太陽光発電投資を始めるべきかどうか、を判断ができるようになります。

私は10棟の不動産物件を所有する現役不動産投資家であり、不動産投資を始める方へのアドバイス、サポートなどを行う投資のアドバイザーでもあります。投資のプロの目線から、太陽光発電投資や、投資で収入を得るその他の選択肢について考えてみたいと思います。

続きを読む

建売と建築どちらが儲かる?新築アパート投資で失敗を防ぐ3つの知識

建売と建築どちらが儲かる?新築アパート投資で失敗を防ぐ3つの知識

「新築アパート」についての情報を探す方の多くは、自分自身が住むためではなく、投資目的の方が多いのではないでしょうか。不動産投資において、新築アパートは安い買い物ではありませんし難しい買い物になると言えます。正しい知識や情報を身に付けず手を出してしまうと、失敗する可能性も高くなってしまいます。

必要なのは、失敗しないための正しい知識と情報を持つことです。そこでこの記事では新築アパートへの投資でおくべき基礎知識をお伝えします。

  • 投資目的で購入するメリット・デメリット
  • 購入までの手順
  • 失敗しないための抑えておくべきポイント

これらの失敗しないための基礎知識に加え、「新築アパートに限らない、不動産投資で成功するための考え方」についてもお伝えします。

私は不動産物件を10棟所有する現役不動産投資家であり、不動産投資を始める方へのアドバイス、コンサルティングなども行っています。プロの不動産投資家の視点から、失敗しない新築アパート投資の知識とコツを解説します。

■2019/01/18 加筆修正 おすすめ投資法から賃貸併用住宅を削除いたしました

続きを読む

【チェックリスト付】不動産投資会社の賢い選び方&活用の4ポイント

【チェックリスト付】不動産投資会社の賢い選び方&活用の4ポイント

不動産投資会社を探す人の多くは、不動産投資をこれからやろうと思っている人、もしくは今の自分の不動産投資のやり方に自信が無い人ではないでしょうか。情報やノウハウが知りたい、アドバイスやサポートを受けたい、そんな理由から不動産投資会社を探す人が多くいますが注意が必要です。

なぜなら不動産投資家会社の言うことを鵜呑みにして投資に失敗してしまったり、時に騙されたりすることもあるからです。この記事では不動産投資会社を利用する前に知っておきたい基礎知識として、

  • 不動産投資会社とは何をする会社なのか
  • メリット、デメリット
  • 不動産投資会社の種類
  • 良い不動産投資会社と悪い不動産投資会社の見分け方

などをお伝えします。

また、不動産投資会社に騙されたり、失敗した人の事例を見ていきながら「なぜ騙されたのか」「なぜ失敗したのか」その原因についてもお話して行きたいと思います。

私は10件の不動産物件を所有する現役の不動産投資家であり、不動産投資を始める方へのアドバイスやコンサルティング不動産投資会社を運営しています。投資家として、投資会社を運営する側の立場として、双方を知る私だからこそお話できる「不動産投資会社との上手な付き合い方」をお伝えします。

続きを読む