空き地を活用した駐車場経営のポイントとは?失敗しないための4知識

空き地の有効活用方法として「駐車場経営」は有名です。初期投資も小さく、手軽に始めることのできる土地の活用方法です。マンション経営やアパート経営ができないような狭い土地でも始めることができ、様々な魅力があります

そこで、駐車場経営について詳しく解説していきます。この記事を読むことで、駐車場経営の魅力と注意点、そして駐車場経営の形態について知ることができます。

1.駐車場経営の魅力と注意点

駐車場経営の魅力と注意点

駐車場を経営には、他の土地の活用方法と比べても様々な魅力があります。まずは駐車場経営の主な4つの魅力を解説していきます。

一つ目は、小さい初期投資で始められるということです。駐車場の形態にもよりますが、マンション経営やアパート経営と比べても初期費用は安いです。そのため、手軽に土地を活用することができます

二つ目は、他の用途で土地を活用したいと思った時に、更地にするのが簡単であるということです。平面の駐車場の場合、月極駐車場でも、コインパーキングでも更地にし、他の用途で使用することが簡単です。

マンションなどの場合、多額の取り壊し費用がかかり、他の用途で使用するということはかなり難しいでしょう。

三つ目は、小さい土地や、他の用途では使用しにくいような土地でも経営可能ということです。駐車場経営は、土地の形や広さの制限が小さいので、様々な土地で経営することができます。

四つ目は、事業を始めるまでの準備期間が短いということです。空き地をマンションやアパートを建設し、経営するという場合には、一年ほど準備に時間がかかってしまいます。しかし、駐車場の場合は、はやければ2週間ほどで経営をスタートすることができます。

土地に建物があり、解体や舗装などの準備が必要な場合は、一ヶ月ほどかかってしまいますが、それでもマンション経営などと比べるとかなりはやいです。短期間で経営を始められるのも駐車場経営の魅力の一つです。

このように駐車場経営には、様々な魅力があります。しかし、魅力もある反面、注意しなければならない点もあります。主な2つの注意点を紹介していきます。

一つ目は税金の面ではメリットがあまりないということです。マンション経営やアパート経営では、固定資産税や都市計画税、相続税などさまざまな面で優遇されています。しかし、駐車場経営には、そのようなメリットが無いので注意しましょう。

二つ目は、利益が少なく土地の活用の効率がよくないということです。駐車場経営は、アパート経営やマンション経営と比べた場合、期待できる利益は小さくなってしまいます。そのため、大きな利益を上げたいという人にはあまり向いていません

このように注意点もあるということにも注意しましょう。

2.月極駐車場とコインパーキングの二つの形態

月極駐車場とコインパーキングの二つの形態

駐車場の形態は、主に月極駐車場とコインパーキングの二つがあります。それぞれ解説していきます。

月極駐車場は、一ヶ月単位で駐車場を賃貸するという形態です。駅の近くや、住宅地の近くの土地が向いています。月極駐車場は初期費用が安く済むため、手軽に始めることができるという魅力があります。

またコインパーキングと比べた時に、精算機などを設置する必要がないため、多くの車を停めることができるというメリットがあります。ですが、コインパーキングより収入が低くなってしまうことが多いです。

月極駐車場の経営方法は主に2つあります。管理委託方式一括借上方式です。それぞれ解説していきます。

管理委託方式は駐車場の利用者や賃料の回収、トラブルの時の対応を業者に任せ、一台当たり一定の割合の手数料を支払うという駐車場の経営方法です。

管理委託方式では、駐車台数が多い場合は収入が大きくなります。しかし、利用者が少ないと収入が小さくなってしまいます。収益が利用者の数により左右されるのが特徴です。

一括借上方式は、業者に空き地を貸し、毎月一定額を受け取るという経営方法です。毎月一定額を受け取るため、安定した収入を得ることができます。また、不動産会社が経営をすべて行ってくれるので、手間がかからないという魅力があります。

しかし、管理委託方式と比べた場合、手数料が大きいので、収入が低くなってしまうことが多いです。

このように2種類の経営方法があります。それぞれ特徴があるので、よく理解しておきましょう。

次にコインパーキングについて解説していきます。コインパーキングは、時間ごとに駐車料金を徴収するという形態です。町などでよく見かけ、利用したことがあるという人も多いのではないでしょうか。商業施設が近くにあり、利便性の高い場所や、駐車場がない施設が近くにあるという土地に向いています

コインパーキングは、月極駐車場と比べた場合、ロック版や精算機などの設備を準備する必要があり、初期費用がより大きいです。また、精算機や車止めなどを設置することで、駐車台数は、少なくなってしまいます。しかし、立地にもよりますが月極駐車場よりもより大きな収入を見込めます

コインパーキングも二つの経営方法があります。土地賃貸方式自己経営方式です。それぞれ、紹介していきます。

土地賃貸方式は、土地を業者に貸して、経営を業者に一任します。そして、毎月一定額を受け取ります。そのため、安定した収入を得ることができるというメリットがあります。また、精算機などの設備も準備する必要がなく、手軽に始めることができます

しかし、手数料が大きく、自己経営方式より収入が低くなってしまうことが多いです。

自己経営方式は、駐車場の設備を自身で準備し、経営は業者に任せるという経営方法です。初期投資がかかりますが、利用者が増えれば大きな収入を見込めます

3.月極駐車場とコインパーキングはどちらで経営するのがいい?

月極駐車場とコインパーキングはどちらで経営するのがいい?

では、月極駐車場とコインパーキングどちらの形態で駐車場を経営するのがよいのでしょうか。それは、所有している土地がどのようなニーズに応えているかということを基準にするとよいでしょう。

大きな収入を得たいと考え、コインパーキングで利用したとしても、周りに駐車場が併設されている施設が多い場所では利用者は少なく、収益が見込めないでしょう。そのため、その土地がどちらの利用方法が向いているかよく考え投資を行うことが重要です。

場合によっては、駐車場よりも他の土地の活用方法が向いている場合もあります。土地の活用方法は、駐車場だけではありません。所有している土地がどのような土地の活用方法が向いているのか、よく考えた上で投資を行いましょう。

4.さらなる収入を得るための立体駐車場

さらなる収入を得るための立体駐車場

同じ面積の土地でもより多くの収入を得ることのできる土地の活用方法として、立体駐車場があります。立体駐車場は、土地に建造物を建てることで、より多くの駐車台数を確保する駐車場の形態です。同じ面積でも平面の場合と比べよりも多くの台数を駐車可能なので、大きな利益を期待できます。

立体駐車場には、自走式機械式の二つの種類があります。自走式の立体駐車場は、利用者自身が運転し、空いているスペースに駐車するという形態です。一方、機械式は、機械により車をバレットに収納するという駐車場です。

自走式にするか機械式にするかにもよりますが、立体駐車場は、平面の駐車場と比べた場合様々なメリットがあります。

立体駐車場は、より多くの駐車スペースを確保することで、より多くの収入が期待できるというメリットがあります。同じ面積の土地でも、立体的に土地を使用することで、駐車台数を増やすことができます。

また、機械式の立体駐車場の場合、防犯性が優れています。平面駐車場の場合、無断駐車や盗難などの被害のリスクがあります。しかし、機械式の場合、機械の中に車があるのでそのようなリスクもなく安心です。

そして、機械式立体駐車場は狭い土地でも台者数を増やせるというメリットもあります。自走式の場合は、広い土地が必要となります。しかし、面積が狭いような土地でも機械式の駐車場にすることで、より多くの台数を確保でき、大きな利益が見込めます。

かし、メリットがある一方デメリットもあります。立体駐車場は、建物を建設するため初期投資が大きくなってしまいます。また、建物の老朽化により、修繕費もかかってしまいます。そして、更地にして他の用途で土地を利用したいといった場合に、建物を取り壊す必要があり、手間がかかります。

このようなデメリットがあることもよく理解しておきましょう。 立体駐車場は、初期投資を多く支払ってでも大きな利益を得たいという人におすすめの形態なので覚えておきましょう。

5.まとめ

駐車場の土地活用の形態は、月極駐車場とコインパーキングの2種類があります。それぞれ向いている土地が異なるので、投資する場合には所有している土地がどちらの形態が向いているのかよく考えましょう。

空き地を活用した駐車場経営のポイントとは?失敗しないための4知識
最新情報をチェックしよう!
>再建築不可物件の建築可能化プログラム

再建築不可物件の建築可能化プログラム

「再建築不可物件」を使った不動産投資は、誰にでもできる簡単な方法でありません。 しかも、「投資」ですから、リスクはそれなりにあります。 それでも、リスクよりもメリットの方が大きいとも言えます。 その理由と、私たちの具体的なサポート内容などをセミナーでご説明いたします。 また、質疑応答の時間も用意しておりますので、ご不明な点はどうぞ遠慮なくお尋ねください。

CTR IMG