駐車場経営で知っておきたいメリットとリスク、税金と運営のこと

駐車場経営は、アパートやマンション経営と比べても様々なメリットがあります。初期費用が少なく手軽に始められたり、マンションやアパート経営ができないような狭い土地や変形地でも経営できたりとそのメリットは様々です。

しかし、メリットもある反面、節税効果が薄いなどのデメリットもあります。そこで、駐車場経営のメリットとデメリット、そしてそのリスクを解説していきます。

1.駐車場経営のメリットとデメリット

駐車場経営のメリットとデメリット

駐車場経営には、アパート経営やマンション経営と比べても様々なメリットがあります。そこで、駐車場経営の主な5つのメリットを紹介していきます。

1-1.初期投資

一つ目のメリットは、初期投資にかかる費用が小さいということです。駐車場の形態は、月極駐車場、コインパーキングなど様々ですが、初期投資にかかる費用はアパート経営やマンション経営と比較するとかなり小さいです。

また、費用がかからない場合もあります。コインパーキングの場合、業者に土地を貸し、駐車場を経営する方法を選択した時には、初期の投資は不要です

このように駐車場経営には、初期投資にかかる費用が少ないというメリットがあります。アパート経営やマンション経営を行う場合、建設費だけでもかなりの費用となり、相当な投資額が必要となります。

そのため、ローンを組んで建設するのが一般的です。しかし、入居者が入らなければ、利益が得られず、ローンだけが残ってしまうというリスクもあります。

駐車場経営は、初期投資額が小額なためこのようなリスクが無く、手軽に土地を活用することができます

1-2.土地の利用の仕方

二つ目のメリットは、後から更地にして他の用途で土地を使用するということが簡単であるということです。

マンションやアパートを建設した場合、他の用途で土地を使用したいと思った時にかなりの手間がかかります。建物の取り壊しには、時間も費用もかかり、簡単ではありません。

駐車場の場合、簡単に他の用途で使用することができます。立体駐車場の場合、取り壊しに手間がかかりますが、平面駐車場の場合は、精算機などを撤去するだけなので、簡単に更地にすることができます。そのため、もし他の用途で土地を活用したいと思った時にも安心です。

1-3.災害のリスク

三つ目のメリットは、災害のリスクが小さいということです。マンションやアパートの場合、地震や土砂崩れなどの大きな災害が起きた時、その被害も大きなものとなります。

しかし、駐車場の場合、被害を受けたとしても、マンションやアパートと比べると小規模となります。そのため、自然災害のリスクが小さいと言えます。

1-4.運営面

四つ目のメリットは、手間をかけずに経営できるということです。

マンション経営やアパート経営となると建物の管理や入居者の管理など様々な業務が必要です。しかし、駐車場経営の場合、清掃やトラブルの対応、集金などが主な業務で、アパート経営と比べると負担は少ないです。

そのような業務は、頻繁に行う必要があるというわけではありません。また、業者に土地を貸し、駐車場を経営する場合は、駐車場管理をすべて業者が行ってくれます

そのため、負担ゼロで経営することも可能なので、手間をかけずに経営することもできます。不労所得も可能であるという点は、駐車場経営の大きなメリットです。

1-5.老朽化

五つ目のメリットは、老朽化の心配が小さいということです。立体駐車場の場合、建物の老朽化は避けられませんが、平面駐車場の場合は、舗装や設備など多少の老朽化はあるものの建物の老朽化の心配はありません。

アパート経営やマンション経営は、建物の老朽化により、大きな修繕費が必要となってしまいます。しかし、駐車場の場合は、土地さえあればいいので、修繕費用が小さいというメリットがあります。

このように駐車場経営には、様々なメリットがありますが、デメリットもあります。そこで、知っておくべき2つのデメリットを紹介していきます。

1-6.税金面

一つ目のデメリットは、節税は期待できないということです。アパート経営やマンション経営の場合、固定資産税や都市計画税などで優遇されています。

また、相続税の節税対策にもなります。そのため、アパート経営やマンション経営は、節税効果がかなり大きいです。

しかし、駐車場経営には、そのような優遇制度は無く、固定資産税は大きな負担となってしまうでしょう。

1-7.運用効率

二つ目のデメリットは、土地の運用効率が良くないということです。アパートやマンションの場合、階を増やすことで床面積を増やし、部屋を増やすことができますが、駐車場の場合難しくなります。とりわけ平面駐車場であれば、収益化できる面積は限られます。

同じ面積当たりの収益は、アパート経営やマンション経営よりも小さくなってしまう場合が多いです。そのため、土地の運用効率が低く、大きな収益は期待できないので注意しましょう。

このように、デメリットもあるということは理解しておきましょう。

2.駐車場経営にはリスクもある?想定しておかなければならない5つのリスクとその対策

駐車場経営にはリスクもある?想定しておかなければならない5つのリスクとその対策

駐車場経営は、初期投資も小さいので、一見リスクが小さいように見えます。しかし、実際には、駐車場経営にもリスクはあります。そこで、知っておかなければならない5つのリスクを紹介していきます。

2-1.賃料の支払い

一つ目は、利用者の賃料の未払いというリスクです。

月極駐車場の形態で経営している場合、利用者が何か月も賃料を滞納するということもあります。また、利用者ではない人が無断で駐車するという場合もあります。

このようなことが起こらないようにするためにも、きちんと賃料を支払ってくれる優良な利用者と契約することが必要です。また、無断駐車の対策として、監視カメラなどを設置し、厳しく取り締まるという方法もあります。

コインパーキングの形態の場合、ロックシステムがないような駐車場に無断で駐車し、利用料を支払わないということもあります。また、駐車スペースではない場所に駐車し、利用料を払わないというケースもあります。

対策としては、こちらも防犯カメラを設置したり空いているスペースに駐車できないようにすることが必要です。

2-2.駐車場内のトラブル

二つ目は、駐車場内のトラブルのリスクです。駐車場内では。盗難や車上荒らし、ごみの不法投棄、設備の故障、近隣住民からのクレームなど様々なトラブルのリスクが潜んでいます。

このようなトラブルにより、利用者が離れていくという可能性もあります。車上荒らしがあったような駐車場では、安心して利用できないと思う人は多いでしょう。

このようなトラブルのリスクの対策として業者に駐車場の管理を任せるという方法があります。

素人が様々なトラブルの対策や対処をするには限界があります。そこでプロに任せることにより、適切な対策と対処を受けられるので、安心して経営を行えます。

2-3.災害のリスク

三つ目は、災害のリスクです。アパート経営やマンション経営と比べると被害は小さいですが、駐車場経営にも災害のリスクはあります。

地震により、駐車場が地割れを起こしたり、豪雨、津波や洪水により、水没してしまうということも考えられます。このような災害により、駐車場が運営できなくなってしまうというリスクがあります。

災害を防ぐということは不可能です。

しかし、契約時に災害が発生した時の責任がどこにあるのかということを明確にしておくことは必要です。災害による責任をオーナーが負わないということを契約書に明記しておくことで、万が一の時にも賠償リスクを避けることができます。

2-4.ライバルとの競争

四つ目は、競合の駐車場が増えるというリスクです。

駐車場経営は、初期投資も小さく、狭い土地や変形地でも始めることができるので、人気の高い土地の活用方法です。そのため、競合の駐車場が増え、利用者が減ってしまうというリスクがあります。

対策としては、価格設定で顧客のニーズに応えるということが有効です。料金を安くするということは、利用者を増やすためにはよい方法です。しかし、それにより、価格競争が起こり、駐車場の利益が減るということもあります。

そのため、最大料金で工夫したり、1時間当たりの料金とするのか、30分ごとの料金にするのかなどの時間当たりの料金設定の工夫を行うといいでしょう。

2-5.場内の事故の対処

五つ目は、駐車場内での事故のリスクです。駐車場内では様々な事故のリスクがあります。精算機や塀などとの接触や、歩行者との人身事故、自動車同士の接触事故など様々です。

駐車場内での事故には責任を負いませんという文言が書かれた看板をよく見るので、事故が起きても大きな問題にはならないと思ってしまうオーナーもいるかもしれません。

しかし、駐車場側に過失がある場合、責任が追及される場合もあります。そのため、出入り口の見通しをよくしたり、駐車スペースや通路に余裕を持つなどして、事故が起きにくい駐車場を作ることが必要です。

また、車止めなどの設備が壊れていて車に損害を与えた場合も責任を追及されるので、点検を怠らないようにしましょう。

3.まとめ

駐車場経営には、アパート経営やマンション経営と比べても様々なメリットがあります。初期投資が小さく、手軽に経営することができるので、手間をかけたくないという人にはおすすめです。

しかし、大きな収益が見込めなかったり、節税対策としては期待できないといったデメリットもあります。また、想定しなければならないリスクもあります。そのため、駐車場経営が自分に向いているのか、よく考えた上で始めることが重要です。

 

駐車場経営で知っておきたいメリットとリスク、税金と運営のこと
最新情報をチェックしよう!
>再建築不可物件の建築可能化プログラム

再建築不可物件の建築可能化プログラム

「再建築不可物件」を使った不動産投資は、誰にでもできる簡単な方法でありません。 しかも、「投資」ですから、リスクはそれなりにあります。 それでも、リスクよりもメリットの方が大きいとも言えます。 その理由と、私たちの具体的なサポート内容などをセミナーでご説明いたします。 また、質疑応答の時間も用意しておりますので、ご不明な点はどうぞ遠慮なくお尋ねください。

CTR IMG