賃貸管理会社の手数料相場と管理料に見合った業務か判断するポイント

賃貸管理会社の手数料相場は、家賃の5%前後です。実際どのくらいの金額になるのかは、賃貸経営に大きく影響するだけにしっかり把握したい金額です。

また、管理会社の手数料を追加することで利用することができるオプションもあります。オプションで提供される管理業務がどんなものかを確認しておきましょう。

1.賃貸管理会社とは?

賃貸管理会社とは?

賃貸管理会社とは賃貸経営をする上で、必要になる業務を物件所有者に代わって提供する会社になります。

多くのエリアでは、賃貸管理業務を提供する管理会社はひとつの地域にいくつか存在しています。いくつかある賃貸管理会社から、あなたにあった管理会社を選択する能力を磨くのはとても大切です。

賃貸管理会社は賃貸管理としての看板を掲げているのではなくて、一般的には不動産仲介会社の看板を出して営業しています。 賃貸管理会社は、安定した賃貸経営をするために大きな働きをします

そこで、まずは賃貸管理会社を使ってできることを理解し、あなたの賃貸経営にプラスになるのかどうか見ていきましょう。

2.賃貸管理会社の業務にはどのようなものがあるの?

賃貸管理会社の業務にはどのようなものがあるの?

賃貸管理会社の業務にはどのようなものがあるのでしょうか?まずはここを理解することが上手な賃貸管理会社の利用に繋がります。

賃貸管理会社の提供する業務には、所有物件が少なければ自分でできることもあります。本当にあなたにとって必要な業務なのか確認してください。

ただ、賃貸管理会社が代行する業務の中には手間の問題だけではなく、貸主と借主の間に第三者として入る会社があることで賃貸経営が上手く回る業務もあるので注意が必要です。

また、不動産投資が軌道に乗り所有物件が増えてきたら、賃貸管理会社の業務を上手く活用する必要性が大きくなります。 もちろん、不動産投資の拡大を予定しているのならば、早い段階から賃貸管理会社が提供できる業務を理解しておくことは大切なことです。

2-1.入居者募集に関する業務

入居者募集に関する業務は、賃貸経営の収入を支える重要な業務です。入居者を集めるところで時間がかかってしまうと、収支バランスが崩れてしまいます。 入居者募集でまずやることが、賃貸不動産の外側からわかるように物件の敷地内に「入居者募集」の看板を出すことと、空室の窓に「募集」のポスターを貼ることです。

そして、客付け(賃貸物件を探している人への物件紹介)をしてもらうために仲介会社を回ります。この業務を続けると、どの仲介会社に良い営業マンがいるかが客付け実績からわかるようになります。

それとともに、インターネット上に賃貸物件の空室情報を流します。現在客付けのためにもっとも力を入れるべきポイントです。

賃貸の場合、レインズ(不動産流通標準情報システム)への登録をするかどうかは会社によってまちまちです。理由としては、売買情報に比べて賃貸情報をレインズで収集する人が少ないことと、契約までの時間が売買よりも短いことが上げられます。

2-2.入居中に発生する業務

入居中に発生する業務は、毎月の家賃集金業務や、室内設備の故障連絡を受ける業務などがあります。

入居してから初めての家賃の支払いの時には戸惑うことが多く、支払い方法の問い合わせが来ることがあります。この時には再度、支払い方法を伝えることになります。 室内設備の故障について連絡を受けた場合は、物件所有者に確認した後に修理業者に修理を発注します。

なぜ、すぐに修理業者に依頼しないのかというと、時には故障ではなく使い方がわからないだけで、ちょっとした調整で問題なく利用できることがあるからです。しかし、修理業者を呼べば、たとえ故障ではなくても一定の料金がかかってしまいます。そこで、管理会社の担当者ができるだけ対応することで、無駄な出費を防ぐことができます

2-3.退去に関する業務

退去に関する業務には退去連絡を受けて、退去日に立ち会う業務があります。退去連絡は退去予定日の一定期間前に行うと契約書で取り決めていますので、退去予定日がきちんと契約上の期間以後になっているか確認します。

退去日には、居室の状態や補修が必要なところを確認します。また、室内に私物が残っていないかどうかを確認します。家電などは処分に費用がかかるので注意します。

最後に修理にかかった費用を清算します。費用の清算は、入居者負担分と物件所有者負担分に分けて清算します。

退去の業務が終了したら、次の入居者を探すための募集業務を開始します。空室期間は収入が減りますので、賃貸経営安定化のためには素早い募集開始が大切になります。

3.賃貸管理会社の手数料とは?

賃貸管理会社の手数料とは?

賃貸管理会社の手数料は実際にかかった人件費や修理費用、外注作業の費用などと賃貸管理会社の利益を合算した金額になります。

3-1.賃貸管理会社の手数料相場は?

賃貸管理会社の手数料は、地場の会社なら5%前後です。また、全国展開している大手の会社なら8%前後に設定されていることが多いです。

3-2.賃貸管理会社の利用には手数料金額分の価値があるの?

賃貸管理会社が提供する業務には、物件所有者が自分でできることがたくさんあります。特に、賃貸不動産物件の近くに住んでいるなら多くのことができます。

しかし、賃貸管理業務を行うためには時間が必要になります。もし物件所有者に仕事がある場合や、自分の事業をしている場合は賃貸管理の時間が取りづらくなります。

不動産投資をする理由として、自由になる時間がほしいと考えている人はたくさんいます。しかし、せっかく不動産投資をしたのに、賃貸管理に時間が取られるようでは本末転倒です。

また、物件までの距離が遠い時には移動にかかる時間や費用を考えなくてはなりません。加えて、故障修理などでは何度か現地に足を運ぶ必要もあるので一層大変になります。 賃貸管理会社の提供する管理業務に手数料分の価値があるかどうかは、時間や費用を計算して考える必要があります。

そして、賃貸管理会社の業務が最大の価値を発揮するのは投資不動産の物件数が増えてきたときです。

4.賃貸管理会社が追加で用意しているオプションとは?

賃貸管理会社が追加で用意しているオプションとは?

賃貸管理会社が追加で用意しているオプションには、賃貸物件の清掃管理や、家賃保証業務があります。 定期的な清掃管理の重要性は言うまでもないでしょう。共用部分が汚れていたり、荷物が置かれていたりするような物件はだれでも敬遠します。

ポストの中のチラシを取り除くのも定期的に必要です。チラシ撤去をするときには集合ポストとドアポスト両方を確認します。 清掃で定期巡回するときには、補修が必要なところが無いかを確認します。もし、補修が必要なら物件所有者に連絡し早期に修理を発注します。

家賃保証業務もオプションの重要な項目になります。家賃保証業務を検討する時に大事なのが、賃貸管理会社の資産状況です。 もちろん、上場企業以外で資産状況を公開している会社はありません。しかし、借り入れの有無を公開している会社はあるので確認しておきましょう。

家賃保証は立地の良い物件で、空室が出ればすぐ埋まるようなら必要性は高くありません。しかし、入居募集に一定期間必要な物件なら、賃貸経営安定化のために考慮する必要があります。

4-1.追加でかかる手数料はどのくらい?

管理会社の手数料相場は5%前後ですが、オプションを利用できる管理手数料は8%くらいまでに設定されていることが多いです。 全国展開している大手の賃貸管理会社は、管理手数料が高めに設定されている傾向があります。大手の賃貸管理手数料は10%くらいに設定されていることもあります。

管理会社の手数料は安ければ良いわけではないので、しっかり管理業務が実行されているかをきちんと確認する必要があります。 管理手数料が相場よりも高かったとしても、それ相応のオプション業務が追加されていれば金額に見合ったものと言えるでしょう。

地方の賃貸管理会社では、オプションを利用しても追加の手数料が必要ないこともあります。相場の手数料でオプションの業務も提供してもらえるので、質が良ければ経費の節約になります。

4-2.どんな会社でもオプションを利用できるの?

賃貸管理会社のオプションは、均一化された業務ではありません。ですので、オプションはどんな会社でも利用できるわけではありません。 オプションを利用するためにはまず、自分に必要な賃貸管理業務を知る必要があります。そして、ようやくオプションを提供できる賃貸管理会社を探すことができるようになります。

オプションの契約を結ぶ前には追加分の手数料が提供される業務分の価値があるかどうかを考えましょう。 一度、賃貸管理契約を結ぶと、長期に亘り付き合うことになります。できることなら、実際に管理業務にあたるスタッフを紹介してもらいましょう。

4-3.上手にオプションを利用して安定した賃貸経営を実現しよう!

上手にオプションを利用することで、賃貸経営の安定化に繋げることができます。上手に利用するためにも、まずは賃貸管理会社が提供している業務を把握しておきましょう。

どの賃貸管理会社でもオプションがあるわけではありませんが、管理手数料を追加することで便利な業務を利用することができます。 オプションを利用できる賃貸管理会社とうまく付き合い、不動産投資拡大への足がかりとしましょう。

賃貸管理会社の手数料相場と管理料に見合った業務か判断するポイント
最新情報をチェックしよう!
>再建築不可物件の建築可能化プログラム

再建築不可物件の建築可能化プログラム

「再建築不可物件」を使った不動産投資は、誰にでもできる簡単な方法でありません。 しかも、「投資」ですから、リスクはそれなりにあります。 それでも、リスクよりもメリットの方が大きいとも言えます。 その理由と、私たちの具体的なサポート内容などをセミナーでご説明いたします。 また、質疑応答の時間も用意しておりますので、ご不明な点はどうぞ遠慮なくお尋ねください。

CTR IMG