ステップ6:爆発的に資産価値を拡大させた空き家投資事例をご紹介

こんにちは。
株式会社NSアセットマネジメントの藤山大二郎です。

前回の講座では、「空き家をお宝に変える3つの投資法」の3つ目、セーフティネット住宅を活用した投資についてご紹介しました。

セーフティネット住宅は、国で有り余る空き家を有効活用し、公営住宅に入ることが出来ない要配慮者が暮らせる住居を増やすことを狙いとして制定されました。

この制度を用いることで空き家のリフォームに補助金が降りるなど様々なメリットがあるとお伝えしました。

さて、今日の講座は・・・

爆発的に資産価値を拡大させた空き家投資事例をご紹介

というテーマで、空き家を活用し投資を行うことでどれだけの売却益、運用益を得たのか?

弊社で扱った実際の物件事例をいくつかご紹介したいと思います。

講座という媒体上、細かな諸条件などの記載はできませんが、

  • ・どんな条件の物件を購入し、
  • ・どのような経緯からどんな利益が出たのか、

などを見て頂けると思います。

実際に弊社で取り扱い、大きな利益を出した、3つの空き家再生投資事例をご紹介します。


■ ケース1:空き家を購入し、リフォームせず賃貸

埼玉県川口市、再建築不可で傾きもあり、ボロボロの物件を300万円で購入。

この物件はボロボロすぎてリフォームに費用が掛かりすぎるだろう、ということで、賃借人自身でリフォームしていただくことを許可し、募集を行いました。

DIY型賃貸としてジモティに掲載したところすぐに反響があり、法人で社宅として借りてもらえることに。

恐らくリフォームなども出来る会社で、自社で安く仕上げて社宅として利用しているようです。

結果としては、4.8万円/月で賃貸、利回り約19%を実現しました!


■ケース2:シェアハウスで1,000万円以上の利益を実現

横浜市港北区の戸建です。

1年程売れ残っており、希望価格1,380万円を810万円まで交渉し、買い付け。

ボロボロでしたが広い為、300万円で間取り変更などを行い7名が入居出来るシェアハウスに転用。

オシャレにリフォームしようとするともっと高額になってしまうのですが、それをすると利回りが低くなってしまう為あくまでも最低限のリフォームを行いました。

結果、月間24.5万円の家賃収入を生み、保有時のインカムゲインはトータルで約350万円

2年保有したところで売却し、合計1,030万円の利益を生むこととなりました。


■ ケース3:築古アパートで高利回りを実現

地方の住宅街にある住宅で、20m位階段を登った擁壁の上にあるアパート。

築46年、2LDK×3戸。希望価格は350万円でしたが、売り急いでいるようで「価格交渉出来ます」、とあちらから申し出があり、指値をして200万円まで下げ、購入。

物件は楽待で見つけたものです。

1部屋は既に35,000円で入居されており、2部屋は空きの状態。

残り2部屋を100万円でリフォームしたところ、すぐに満室に。

現在は利回り42%を出してくれる物件となりました。


私たちが過去に手がけた物件の中から、いくつかの事例をご紹介させて頂きました。

取り上げた事例の詳しい解説は、セミナーの中で行っておりますので、ご興味ある方はぜひご参加ください。

ご紹介した事例を見ていただくことで、格安で仕入れた物件から、大きな売却益や、運用益を得られることが、お分かりいただけたと思います。

最初は「この案件難しいかな」と思った案件でも、意外にすんなり入居となるケースも多くあります。

古過ぎて活用は難しいだろうなと空き家を回避してしまうとこうした利益を得られなかったわけで、使い方によって大きな利益の差を生むことがお分かり頂けたと思います。

次回の講座は・・・

社会的意義のある投資法とセミナーのご案内

というテーマで、本メソッドの「社会的な意義」をお伝えしたいと思います。

また、本メソッドをより詳しく知るための、セミナーのご案内もありますので、お見逃しないよう、ご確認下さい。

>再建築不可物件の建築可能化プログラム

再建築不可物件の建築可能化プログラム

「再建築不可物件」を使った不動産投資は、誰にでもできる簡単な方法でありません。 しかも、「投資」ですから、リスクはそれなりにあります。 それでも、リスクよりもメリットの方が大きいとも言えます。 その理由と、私たちの具体的なサポート内容などをセミナーでご説明いたします。 また、質疑応答の時間も用意しておりますので、ご不明な点はどうぞ遠慮なくお尋ねください。

CTR IMG